Vintage, Bespoke, Standard Furniture and Objects

STORE

キャビネットと組み合わせられたデスクユニット。手がけたのはアルネ・ヴォッダー。躍進を遂げた50年代のデンマーク家具業界を支えたデザイナーの一人で、同国屈指の技術力を誇る家具メーカー、シーバスト社と協力し、数々の名作を世に送り出してきた。米国にも輸出していたメーカーだったこともあり、元米国大統領ジミー・カーターはヴォッダーのファンで、彼の家具はホワイトハウスに導入されているというのは有名なお話。こちらのデスクもその一つかは分かりませんが、希少種のローズウッドを贅沢に用いた構成と、秀逸な意匠は素晴らしいの一言。

キャビネット部分からみてみましょう。向かって左の引戸を開くと可動棚が1枚。内部はチーク材で仕上げられた上質な仕上がりに。引戸はリバーシブルとなり、お好みに合わせて木目か、イエローペイントに替えることができる。中央にはカラフルに塗り分けられた引出しが5杯。色によって中身を区別したり、そのまま抜き出して天板の上に置いておくと、書類へのアクセスがし易く、仕事が効率的。さらに右に移るとダストボックスがセットされ、中身がいっぱいになったら手前に引き出して中身をリセットすることが出来る。収納としては使いづらい天板下のスペースも有効活用する点はさすが。そして、デスクの背面側にも収納が。これは対面で仕事をすることを想定したもの。

デスクは幅2mを超える大きな天板により、ゆとりをもって仕事ができることでしょう。天板下には相手の足がぶつからないよう壁が設けられている。脚は片側のみで、反対側をキャビネットの天板にのせることで成り立っている。ビスやボルト固定しなくても、自重があるため安定感は申し分ない。設置面にはフェルトが貼られていますからキャビネットに傷がつく心配はありません、ご安心を。デスクには深さの異なる引き出しが2杯。上段にはペンなどの細かな事務用品を、下段はA4サイズのファイルなどをたっぷり納めておける。下段には荷重を想定して金属レールを採用。引き出した際に目立たないよう、レールは引出しの下側に取り付けられている。キャスターチェアを合わせればL字ユニットを存分に使いこなすことが出来そう。

ローボード、デスク共に全ての面をローズウッド材で仕上げられており、どの角度から見ても美しい。それぞれの天板には、物が転がり落ちないよう筆返しがつけられるなど、ヴォッダ―の細かな配慮が垣間見れる。これで仕事をすれば、さらなる高みへ私たちを導いてくれるに違いない。

大きなユニットですが、ローボードとデスクは分けてお持ちしますので、ご納品のリスクはほとんどありません。デスクをローボードに載せるだけのシンプルな構造ですから、ご自身でレイアウト変更、お引越しも苦にならないでしょう。

次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、木部のアフターケアもご対応します。


コメント : 中島(ショップスタッフ)

Desk
16D06-0130
Desk : W2030 D895 H750
Cabi : W1680 D420 H630
Arne Vodder / Sibast Furniture / Denmark / 1960's / Rose wood 
1,800,000円(税込1,944,000円)
STORE > VINTAGE > FURNITURE > Desk Arne Vodder