Vintage, Bespoke, Standard Furniture and Objects

STORE

数々の名作椅子を作り上げてきたハンス・ウェグナーによるイージーチェアGE530。骨太な素材使いはいかにも彼らしく、それを最も象徴するのは弓なりのアーム。唯一無二の個性を感じさせる特徴的なデザインは、意匠、機能の両面で大切な役割を果たしている。

一見すると、無垢材をそのまま曲げているように見えるのだが、それは技術的にはかなり困難なこと。思い通り成型できず、苦悩の日々だったに違いない。導き出された解決策は無垢材を5mm程度の厚みに割き、それを積層させ、熱と負荷で曲げながら再接着する方法。これで亀裂一つ入ることなく美しい曲線を表現できるようになる。そして、アームから下に伸びる脚も負けず劣らずたくましい。角型から丸形に変わり、無垢材ならではの重量を感じさせながらドッシリと床をとらえる安心感はさすがという他ない。

腰を降ろすと、ウレタンクッションがお尻を包むように優しく受け止めてくれる。懐が深く自由な姿勢がとれ、両足をあげて胡坐をかいてみたり、ゴロゴロするにも快適。抑えられたシートハイにより足を軽く前方に投げ出す格好となり、オットマンに足をのせたような安楽性が感じられた。低めにセッティングされたアームは、深いく腰掛けたときはもちろんだが、浅く座った際にもベストな位置で待ちかまえてくれるのはこのアーム形状だからこそ。体にしっくり馴染む。立ち上がる動作では、太いアームの先をしっかり握ると力が入りやすく立ち上がり易い。

ウレタンは新規に交換済み。このソファにベストなマッチングのウレタンをを選定。また座面と背面ウレタンの硬さを変えることで座り心地のパフォーマンスを上げています。違和感なく長くお座りいただけるでしょう。

張生地もクッション張地はテキスタイルデザイナーの二ナ・コッペルが手掛けたトップブランドKvadrat社のTonus 4で国内で新規に張替えを済ませました。上質なニュージーランドウールの質感を大切にシンプルな平織で織られている。ふわふわとした肌触りが特徴。染色性のよいウールの特性と、彼女の感性によって豊かなバリエーションの中から、ネイビーをセレクトしている。¥18.000/m上代の生地を6m必要ですので、生地代だけでも¥108.000となり、他にウレタン代、縫製加工賃が加わりますが、左記価格に全て含まれております。

明るい木肌のオーク材とはコントラストがうまれ、ご覧の通り相性は抜群。


Kvadrat社の詳細はこちらをご覧ください。


次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、ウレタン交換、張生地交換、木部のアフターケアもご対応します。


コメント : 中島

Sofa
17D02-0040
W2060 D890 H800 SH430
Hans J Wegner / Getama / Denmark / 1973 / Oak wood
600,000円(税込648,000円)
STORE > VINTAGE > FURNITURE > Sofa Hans J Wegner