Vintage, Bespoke, Standard Furniture and Objects

STORE

黒地に黄金色に描かれた草木や花の模様。彫刻のような立体感と、抑えられた艶は温かみのある土感と深みをもたらせています。威厳をも感じられる佇まいのNils Thorsson(ニールストーソン)の花器。

14歳からRoyal Copenhagen (Aluminia)で奉公を始めたNils Thorsson。並行して王立アカデミーにてデンマークの伝統的な様式からモダニズムまで学び、育まれた独自の手法と感性は早くから高い評価を得る。独自の窯を早くから構えると共にRoyal Copenhagenでは多種の窯のディレクションを務め、メインアーティストとして約60年余りも活躍。ヨーロッパで数々の賞を獲得したデンマークを代表する陶芸家のひとり。

1958年、磁器メーカーとして名を成していたRoyal copenhagenはAluminia窯と合併。Aluminiaで生産されていた1100℃の低温で焼成する土の柔らかさが表れる手法のファイヤンス窯を始める。Niles Thorssonはディレクターに就任し、数名の絵付けデザイナーによるBaccaとteneraシリーズを展開。1960年代に爆発な人気を博し世界へと広まってゆく。

自らの作品はBaccaシリーズから発表。控えめながらも力強さをも感じられるニールストーソンの花器。陰影による美しさを愛でる私たち独特のわびさびの感性にも通じるものがあります。

1969年までアルミニアのポーセリンマークが刻印され1969年以降はロイヤルコペンハーゲンの王冠マークが刻印されるようになります。こちらのベースの底裏のAのマークはアルミニアマーク。1960年代に制作されたもの。


コメント : 阿久沢(ショップスタッフ)

Flower Vase “Bacca”
DK-03
W110 D80 H180
Niels Thorsson / Royal Copenhagen・Aluminia / Denmark / 1960’s
SOLD OUT
STORE > SOLD OUT > OBJECT > Flower Vase Niels Thorsson