Vintage, Bespoke, Standard Furniture and Objects

STORE

スウェーデンを拠点に活躍したニールス・ヨンソンによるローボード。全体はチークで構成され、オーソドックスな構成の中に凝らされたこだわりが詰まった一台。

向かって左側の2枚の扉から見ていこう。扉は四方に幅の太いチーク材を回し、額装された様な意匠で、木目が縦に横にと動きが出て、木の表情が豊かに感じられる。柄にチークがあしらわれたユニークな鍵を持ち手代わりに扉を開く。すると扉は裏面までチークで仕上げられた上質な造りであることに気づく。隣り合う扉との間には仕切りが設けられ、セットされた可動棚を自由に調整して、整理整頓がし易い。右側には引出が4杯。チーク無垢材削りだしの立体的な取手はしっかりと指に掛かり開閉はスムーズそのもの。1段目の引出しはニールスヨンソンお馴染みの爽やかなブルーのフェルトが貼られ、カトラリー、アクセサリー、時計など傷つきやすい物を安心して収納できる。更に上段には取り外し可能なトレイもセットされ、使い勝手抜群。

重厚な本体を支える脚はチーク無垢材を贅沢に使用したスクエア型デザイン。組手が意匠的にあえて見えるように組まれている。そして一般的なローボードには必ず備わる貫や幕板という横方向の部材がない。本体の意匠を最大限に生かすためは、確かに余計な部材はないに越したことはないのだが、果たして構造は大丈夫なのか?それを確かめるために扉を開いた画像を見直してほしい。本体の天板に対して底板が1.5倍程ぶ厚い材が用いられていることが分かるでしょうか。こうすることで荷重による箱の歪みを抑え、脚との連結も強固なものになっている。扉を閉じてしまえば見えない所にデザイナーと職人の配慮が隠された秀逸なデザイン。

扉、引出の開閉はスムーズに行なえる様に調整済み。内部もクリーン。施錠が面倒という方には別途費用ご負担(¥1,000+Tax)でマグネットキャッチの取付けも承ります。

次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、木部のアフターケアも対応します。


コメント : 中島(ショップスタッフ)

Cabinet
16D06-0067
W1900 D430 H750
Nils Jonsson / Troeds / Sweden / 1960's / Teak wood
SOLD OUT
STORE > SOLD OUT > STORAGE > Cabinet Nils Jonsson