Vintage, Bespoke, Standard Furniture and Objects

STORE

アフリカ北西部、モロッコからチュニジアにかけて東西に伸びるアトラス山脈一帯に暮らすベニワレン族により、1960〜70年代に織られたビンテージラグ。ベニワレン族女性の花嫁道具として、染色することのない柔らかい上質な子羊の毛を丁寧に紡ぎ、婚約から数ヶ月の時間をかけてひとつひとつ丁寧に織ってゆく。黒や茶のラインも無染色で種類の違う羊毛を使い分け織られている。

ベニワレン独特の菱形意匠は「家」を表し、家庭を守るという大切な意味がラグにこめられている。商業用に織られたもではなく、実際に遊牧生活をするテントの中で使用されていた為、同じデザインは二つとない。人の手によって織られたあたたかみ、羊毛自体が内包するあたたかみ、そして大切な意味がこめられたベニワレンは、モロッコだけにとどまらず、今では世界中の人々を虜にしている。

フィンランドの巨匠アルヴァー・アアルトも自邸で愛用していたほどだ。フィンランド特有の寒さと整然さは、このようなクラフト的な要素をもったプロダクツがお似合いだ。アアルトは50年前からベニワレンを愛おしみ、自邸に何枚も敷き詰めていた。まだ床暖房もない時代のこと、空調や暖炉の熱が羊毛に伝わり、内包した熱によって彼らを足元から温めたことだろう。そんなアアルトの先見性と合理性に驚くばかりだが、そういえば彼がデザインしたスツールやテーブルも、50年経った今でも普遍的である。未来を見据える力がある証拠だ。

質感豊かなラグを1枚敷くことで室内の空気感はガラッと変わり、ソファー前のアクセントとしては最適だ。肌触りのよい長い毛足の羊毛は、足元と室内を暖かく居心地の良い空間へと誘ってくれるだろう。冬の自然は厳しいけれど、こうして自然のあたたかさによって救われることもあり、家族がこうしてラグの上で寄り添って暮らすのも悪くない。ほら、「家族を守る」っていう大切な意味が込められているし。

油分を多く含む羊毛は、水はじきに優れ、ということは汚れも付きにくく、お手入れは意外なほど簡単だ。(安価な化繊だと汚れる一方ですが)。日常的には掃除機を掛け、汚れてしまったところはウール用洗剤を布に含ませて叩くと綺麗になります。ビンテージラグにも関わらず、ご覧の通り美しい状態をキープ出来ているのは羊毛が持つ品質と、現地で大切に扱われたきた証拠でしょう。

ベニワレンラグの注目度もここ数年で高まり、もともと数量の少ない良質なビンテージ品はますます希少価値を高めています。今回は定番サイズ、デザインはもちろんですが、幅3000mmの大きなサイズ、無地、ボーダー柄などを取り揃えました。ショップに全て展示してございます。ご遠方の方はショップまでお問合せ下さい。全て一点モノとなります。


001 1900×1400  SOLD OUT
002 2500×1500  SOLD OUT
003 2450×1650  SOLD OUT
004 2250×1650  SOLD OUT
005 1850×1600  SOLD OUT
006 2050×1600  SOLD OUT
007 2600×1750  SOLD OUT
008 2450×1400  SOLD OUT
009 2600×1900  ¥180,000 + Tax
010 3000×2150  SOLD OUT
011 2900×2100  SOLD OUT


[ご購入する]ページ内の備考欄にご希望の品番をお書き下さい。


コメント : 谷山(ショップスタッフ)

Beni Ouarian
Import
W1900 D1400
Natural Wool / Morocco
上記サイズと下記価格は001の場合となります。
150,000円(税込162,000円)
STORE > VINTAGE > OBJECT > Beni Ouarain