Vintage, Bespoke, Standard Furniture and Objects

STORE

こちらの商品はヴィンテージ品ではなく、インポートの新しい商品となります。

ボーエ・モーエンセンによるイージーチェア「スパニッシュチェア」。モーエンセンのアイコンとも言える名作チェアは、1958年に家族旅行で訪れたスペイン・アンダルシア地方の民族の首長が 座っていた古い椅子から発想を得てこの名が付いた。旅行から戻った彼は一目散にデザインを起こし、翌年の1959年に発表した。

椅子としての掛け心地の良さは言うまでもありません。クオリティコントロールの行き届いた厚みのある一枚革シートにじっくり腰を落ち着けてみれば、適度な硬さをもって身体をサポートしてくれる。 使い込むことでレザーの表情はもちろん体に合わせた特別なシートが出来上がる。革が伸びても背、座にセットされたベルトで締めこむことで緩みを解消してくれるので安心。

シンボルデザインともいえる大きなオーク材の肘掛は、グラスや書籍、灰皿など置くための実用的な場所として機能する。周辺にサイドテーブルを置かずにオープンでリラックスできる空間で交流を図る、と言う目的もあった。ウイスキーが大好きだった彼はよくここウイスキーグラスを置いていたそうだ。一見、無骨で愛想がない表情に映るが、使い込むことでモーエンセンの想いを知ることになる。

余談だが、モーエンセンの優しく、懐の広い人間性を象徴する逸話がある。人々の生活に自動車が広く普及し始め、馬具製作を生業としてきた職人たちが仕事に困まり、彼らの高い経験値を活かすことは出来ないかと試行錯誤を重ねた末に生み出されたのがこのスパニッシュチェアだった。彼らの技術は革の縫製やベルト作りにしっかりと活かされ、単に家具をデザインするだけでなく、古い産業を現代へと接続させより良く生きてゆく為の知恵をも授けてくれる。半世紀の時を経ても今尚こうして愛され続けられるのは、そうしたモーエンセンの思想が家具に宿っているからだそう。

お好きな座面、仕上げをお選びいただけます。組合せによって価格は異なります。

座面:ナチュラルレザー、ブラックレザー、コニャックレザー
木部:オーク
仕上:素地、ソープ、オイル、ラッカー、ブラック、スモーク

画像掲載分の椅子は、オーク材(素地)+ナチュラルレザー、オーク材(スモーク)+ブラックレザーとなります。

現物確認されたいお客様は事前のご連絡をお願いします。ご購入後の汚れ、シミによる木部フレームリセット、レザー交換も承ります。ご安心下さい。


コメント : 谷山(ショップスタッフ)

Easy Chair
Import
W830 D670 H1070 SH330
Borge Mogensen / Fredericia / Denmark / 1959 / Oak wood 
下記の価格は、オーク材、ナチュラル、無塗装品の場合
571,000円(税込616,680円)
STORE > STANDARD > FURNITUIRE > Easy Chair Borge Mogensen