JOURNALNews, Feature, Our Neighborhood And more

皆様をお迎えする前に植物のお手入れをする。これが、私たちの1日の始まり。

花器に新鮮な水を注いでから、底の水気を丁寧に拭き取って元の場所に戻してあげると、朝日をうけた水面は、喜びを表すかのようにキラキラと輝いてみせてくれる。

そして、全体のバランスを整えながら一本ずつ挿していく。素敵な花があるときは、あえてシンプルに可愛くなり過ぎないように。ボリュームを出すときは色を抑え清潔感のある纏まりにしたりと、工夫してみる。2歩、3歩と離れては振り返り、手直し。また離れては、手直しを繰り返しながら、立体感を表現していく。

家具が放つ木の香りと、花のまとう空気が合わさると私たちの五感にいい影響を与えてくれる。時々お客様から「空気がいいですね」と言っていただけるですが、それはきっと植物がそう感じさせるてくれるのでしょう。こうした日々のメンテナンスが心地よい空間づくりには大切なこと。

今日もほころんだ花たちと一緒に皆様をお迎えします。



コメント&写真:中島

Shop Diary

JOURNAL on 19th MAr 2071

1日のはじまりに