Vintage, Bespoke, Standard Furniture and Objects

STORE

こちらのライティングビューローはボーエ・モーエンセンによるデザイン。ゴールデンエイジと呼ばれ、北欧ミッドセンチュリー期を支えた立役者の一人で、FDB独立後、フリーランスとして花開いた60年代に製作された。奇抜さは全く感じられないが、生産効率を考慮し、使い易く、意匠バランスも優れている。個性を主張する事無く、根っからのデザイナー気質である事が感じられる1台。

直線的な構成はいかにもモーエンセンらしい。本体上部はセットバックされて存在感はサイズ表記ほど感じない。鍵穴に真鍮の鍵を差し込み手前にフォールディングすると、大きな扉はデスクの天板となる。椅子を合わせて、肘をのせてみるが安定感は申し分ないようだ。ノートパソコンをセットしても余りある十分な天板スペースは、資料を広げられて効率的に仕事がはかどりそうだ。左側には深さの違う引出2杯がセットされ、文具などの細かな物を整理整頓。オープンラックは日常的に届く郵便物を一時ストックしたり、使い途中の資料を仮置きしておくには大変便利ですから、いつでもクリーンな環境で作業することができる。本体下段には適度な深さのある引出が3杯備わり、コピー用紙や資料、日用品を収納するには十分な収納力。チーク無垢材の持手は手掛りが良く、物をたっぷり納めても重さをさほど感じさせない。4本脚は視界の抜けがよく、量感のある本体の印象を随分と軽やかに。

書斎のメインデスクとしてご利用になるのはもちろん、1台でデスクと収納を二役こなす使い勝手のよさを活かして、リビングで家族共有のスペースとされるのもお勧め。もしくは鏡をセットしてドレッサーにも。鍵を使わずに開閉されたい方には別途費用で扉内側にマグネットキャチを取り付ける事も可能です。

次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、木部のアフターケアもご対応します。


コメント : 中島

Writing Desk
17D02-0059
W1000 D480 H1240
Borge Mogensen / Soborg Mobler / Denmark / 1962 / Teak wood
SOLD OUT
STORE > SOLD OUT > STORAGE > Writing Desk Borge Mogensen