Vintage, Bespoke, Standard Furniture and Objects

STORE

ウェグナーによるダイニングチェア「CH30」。一見すると何の変哲もないごく普通の椅子。但し、それは製作されておよそ50年経っていることを除けばの話。この堂々とした姿をじっくり見てゆけば、その確かさが次第に分かってくる。

まずは最もウェグナーらしさを感じるポイントをご紹介。それは「契り」と呼ばれる背板の十字意匠。下から伸びる後脚の先が十字に加工され背板と接合されている。当時の流行りとしては接合部分を隠すのが一般的。この椅子のように意匠的に魅せることは斬新なアイデアで、このシンボリックなデザインは世間の注目を集めた。もちろん見た目だけでなく、接合面積が増えネジで固定することなく耐久性が高められる。今までに沢山のCH30をみてきたが、この契り部分が破損していることは一度もなかった。

そしてお手本ともいうべき、綺麗な弧を描く背もたれ、柔らかにシェイプされたオーク材の脚と貫、洗練されたディティール。それらは実際に座ることで全て意味があると分かる。カーブが描かれたチーク材の背板は背中の丸みと上手にフィット。両端が若干反り上がった座面はお尻を正しいポジションへ導いてくれる。想像していたよりも幅があり、ゆとりを感じる座り心地は長時間の食事でもストレスを感じることはない。座り心地がいいということは、美味しい料理に箸が進み、楽しい会話にも花が咲くということ。家の中心は家族が集まるテーブルと知っていたウェグナーの想いを、使い込むことで実感してゆくでしょう。

4脚セットでの販売となります。(@125.000 x 4)。

クッション張地、内部クッション材は新規に交換済み。生地はファブリック分野で世界的なトップブランドKvadrat社の“Molly”をセレクト。染色前の羊毛の色味を生かして一つ一つ丁寧に紡績、染色をしている。個体差のある毛の色に合わせて編み方を調整して、素材の良さを最大限に引き出すこだわりよう。ウールながらリネンのようなアッサリとした肌触りは、季節を問わずにコーディネートできる。上質なウールは使うごとに滑らかになり、生地を育てていく楽しみもあります。

Kvadrat社の詳細はこちらをご覧ください。

次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、ウレタン入替、張生地交換、木部のアフターケアもご対応します。


コメント : 中島

Chair Set
13S01-0002
W510 D480 H740 SH440
Hans J Wegner / Carl Hansen / Denamrk / 1952 / Teak & Oak wood
SOLD OUT
STORE > VINTAGE > FURNITURE > Chair Set Hans J Wegner