SOLD OUTArchives

モーエンセンによって1963年にデザインされたラウンジチェア。フレデリシア社CEOのグラーバセンとは旧知の中であることはご存じだろうか。互いの志を理解する二人だからこそ、妥協なき素晴らしい家具が誕生した。簡潔な意匠の裏に潜むこだわりの数々をご覧いただきましょう。

体を預けてみると、沈み込みすぎず、じっくりと身体にフィットしていく座り心地。座と背の角度は控えめで、ハイバックだけに首へのサポートが素晴らしい。一方で、幅、奥行きにゆとりのある懐の広さから、姿勢を崩して安楽性を求めることもこの椅子は許してくれる。レザー特有の滑る感覚はなく、表面を撫でるだけで革の厚みが手に伝るほど、確かな強度をこのレザーは持っている。何十年も経過しているとは思えない、しっとりとした肌触りを保ち、色艶の増した表情には風格すら漂わせる。

牛の飼育から、なめしに至るまでこだわり抜いたフレデリシアの努力は、今こうして皆様の目によって証明された。さらに中材にも注目してみたい。トップクオリティのフェザー、ダウン、ウレタンチップが絶妙なバランスでクッション内に配合。内部クッションは羽毛布団のように、九つの部屋に分かれるように縫い分けら れている。このひと手間で中身が片寄らないようになり、いつも変わらない快適性が確保される。時々レザーカバーから取り出し、天日干ししていただければ、ふっくらと弾力が再生し、半永久的にこの座り心地を保つことが出来る。

気品ある佇まいから世界中の大使館や、エグゼクティブオフィスなどでも選ばれているそうだ。それは、保有する喜びを得られるに留まらず、自身のステータスとして、他者からの信頼、尊敬を得られるからに違いない。ただし、あまりにも簡素に意匠のため、わかる人にしかわからない。ご自宅ならリビングはもちろん、書斎や、シアタールームなど、よりパーソナルスペースで至高のひと時を過ごされてはどうだろう。優雅な曲線のアームに腕を降ろし、映画や音楽に耳を傾けるにはこれ以上ない椅子でしょう。

レザーはクラックなどありませんが、使用感があるヴィンテージコンディション。メンテナンスでは、クリーニング後に、レザークリームでトリートメントを済ませていますから、まだまだこれからが本番といった様子。ご心配な方は現物確認後にお申し込みください。チーク材の脚もご覧の通り、経年変化により深みをましています。

同じくフレデリシアから現行品も販売されています。新規として¥1.184.000〜ご注文承ります。残念ながらこちらと同材のチーク材は廃番となっております。

次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、中材の付け足し、交換、レザー張替え、木部のアフターケアもご対応します。


コメント : 中島(ショップスタッフ)

Easy Chair Model 2207
16D02-0068
W690 D880 H1060 SH430
Borge Mogensen / Fredericia / Denmark / 1963 / Teak wood 
SOLD OUT