VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

ソファと呼ぶには少し異質。奥行きがかなりたっぷりとしていて、座の角度はフラット。だが、私はこのソファが日本人の生活スタイルにとてもあっていると思う。これはデイベッドというスタイルで、ソファでもあり、その名の通りベッドとしても使えるのが特徴。

さっそく座ってみる。足を床に降ろした座り方では背もたれが遠いので、体格に応じて背中と背もたれの間にクッションを用意するとちょうどいい。スプリング入りのクッションは適度に反発力があり、しっかりとした弾力をもって体を支えてくれる。今度は両足を上げて胡坐をかいてみると、このソファのポテンシャルに気づくだろう。フラットな座面は床に座っているようでありながら、弾力のあるクッションの感触。これがとても快適で、これならソファに座らずについつい床に座ってしまう方にも満足いただけるだろう。うつぶせに寝そべってネットサーフィンや読書を楽しむにも最高。

両アームがない分、開放的なのもまたいいのだが、背もたれのクッションは角度を90度変えて座面の端にセットすることも出来る。側面を壁付けしてレイアウトしているなら側面を背もたれにしてもいいし、背クッションを倒して枕にしたり、疲れた脚をのせてたっていい。さらに背もたれを二つとも外せばシングルサイズ相当のベッドとして使えますから、家族や友人が泊まりにきたらリビングで休んでもらうことができる。または、ゲストルームやお仕事場のソファ兼ベッドとしてもお勧め。

平面的な構成である分、クッションのボタン締めがよきアクセントとなり立体感が表現されている。オーク無垢材のフレーミングは骨太で存在感は十分。お部屋に天然木の香りが広がるよう。家では靴を脱いで暮らし、床で過ごす文化が今ものこる私たちにとっては、デイベッドのスタイルは馴染みやすいのでしょう。芯から気持ちを落ち着けて寛げるソファです。生地、ウレタン中材は新規交換済み。安心して末長くお使いいただけます。


次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、中材交換、生地張替え、木部のアフターケアもご対応します。木材の詳細はこちらをご覧ください。


コメント : 中島


画像、文章の無断転載に関して

DayBed sofa
17D02-0027
W2000 D1020 H830 SH400 配送料金 Fランク
- - - - - / - - - - - / Denmark / 1960's / Oak Wood
SOLD OUT