VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

「定番品」まさにその言葉を象徴する、60年代、北欧デンマークのエクステンション式テーブル。 当時のデンマークの住宅事情を反映したこのテーブルは機能的で、50年の月日が流れた今でも世界中で愛されている。

天板は、半世紀の時を経て色艶の増した暖かみのあるチーク材。油分を多く含む樹種の為、水分、汚れにも強く日々のお手入れが容易なのも嬉しいところ。 直線的な天板に左右対称に配置されたチーク突板の木目が印象的。突板と聞いて椅子当たりなどによる剥れが気になるところだが、天板四方には厚みのあるチーク無垢材が貼られその心配はない。 また当時ならではの厚い突板は木材そのものの質感もあり、時を経ても劣化した印象はまるでない。

スペア天板は本体に内蔵され、保管場所の心配もなくすぐに使用でき大変便利。通常、スペア天板をあまり使用せずメイン天板との色の差異があるものが多いが、こちらはあまり差異がなく 広げた際の色の統一感がある。前オーナーは広げて使用する事が多かったのだろう。 メイン天板との木目の繋がりも意識されたこだわり様。幕板も天板同様、直線的でシャープな印象。 対して、脚は丸く全体の印象を和らげる。取外し可能で狭い間口への搬入も容易。

通常時(W1245)は大人4人が座れるサイズ。両側のエクステンションを引出せば最大(W2235)6~8人で使用可能。 人が集まる機会が多いこれからの季節、お鍋など食材プレートが並んだ際には大活躍すること間違いなし。毎日使用するテーブルだからこそ流行に左右されず永きに渡り使用できる定番品を選びたい。


次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、木部のアフターケアもご対応します。木材の詳細はこちらをご覧ください。


コメント : 谷山


画像、文章の無断転載に関して

Table
17D09-0051
W1245+(495x2) D845 H720
- - - - - / - - - - - / Denmark / 1960's / Teak Wood
SOLD OUT