VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

ウェグナーによって、1969年にデザインされたソファーGE370。 ファクトリーはウェグナーと共に1950年代初頭から数々の名作を世に生み出し続け、今も現存するデンマークの老舗家具メーカーGETAMA社。 木の素材を存分に味わう事の出来るダイナミックで骨太構造の木フレームが印象的。複雑に組合わさった背面意匠は格別に美しい仕上がり。

木材は、現行品のラインナップにはないチーク材。ビンテージモデルならではの経年変化によって深みを増した表情は、空間はもちろん使う人も温かい空気感で包み込む。 見るからに座り心地の良さそうなシートに腰掛けてみると、低重心で座と背の角度が深くゆったりとしたシートポジション。 アイコンでもある幅広アームに腕を乗せれば、木肌がじんわりと伝わってきて何とも心地が良い。また、読みかけの本やコーヒを置くのにも最適なスペースで、フロントスペースを広く使いたい方には最適だ。

そして、このソファーの特筆すべきところはライフスタイルの変化に合わせて使用可能なところ。こちらのソファであればセンターの一人掛けを取り外すことで、一人掛けと二人掛けソファに 早変わりする。芸術品ではなく、日用工芸品として長く耐えうる商品の開発に挑んだウェグナーらしいソファーといえる。

クッション張地、ウレタンフォームは国内にて新規に交換済み。張地は今年で創業68年になるデンマークの老舗生地メーカーDANISH ART WEAVING社の「Nice(ニース)」を選択。創業当時のラインナップをいまでも大切にする同社は、一貫した管理の中で行われる紡ぎ、染色、織りから生まれる高品質な生地を提供。そんな50年代の雰囲気をまとったクッションと経年変化したチークフレームは旧知の仲とも形容できるほどに上手に馴染んでいる。

ウールとリネンの混合生地でさらりとした質感がとても気持ちがよい。 Nice生地価格は1mあたり¥15.300/m。張替えには6m必要なので生地代は¥91,800。さらに職人による張替工賃が加わりますが、それらはすべて本体価格に含まれています。良質な天然素材を使用したDANISH ART WEAVINGの生地は、風合いの変化を感じながら末永くご愛用いただけます。

次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、ウレタン交換、生地張替え、木部のアフターケアもご対応します。


コメント : 谷山


木材の詳細
メンテナンスサポート
画像、文章の無断転載に関して

3 Seat Sofa
17D09-0105
W2150 D1000 H720 SH420 配送料金Fランク
Hans J Wegner / Getama / Denmark / 1969 / Teak wood
SOLD OUT