VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

60年代のデンマーク、決して大きくなかった当時の住宅事情の中で生まれたこの様式のテーブルは、デザイン性はもちろん機能性の高さから50年を経た現在でも 世界中で愛用されている。使用されている木材は、油分を多く含み、耐久性に定評のあるチーク材。 経年変化によって醸し出す色艶は、ビンテージ家具でのみ味わう事の出来る贅沢。

天板いっぱいに流れる板目模様のチーク突板からは天然木の力強さを感じる。 突板と聞いて椅子当たりなどによる剥れが気になるところだが、天板四方には厚みのあるチーク無垢材が貼られその心配はない。 仮に凹んでしまっても修復は容易だ。また、当時ならではの厚い突板は木材そのものの質感もあり、時を経ても劣化した印象はまるでない。 両側からスライドして出し入れをするスペア天板は本体に美しく収納され、保管場所の心配もなく簡単に使用でき大変便利。

片側だけ出しても高さは変わらず平行を保つ作りの為、その場の状況に応じて使い分けも出来るのが嬉しい。 調整済みのスライドレールはスムーズでストレスもない。幕板、脚も天板同様チーク材で構成される。 最も付加の掛かる脚部は無垢材削を削り出しで製作されており耐久性も申し分ない。脚は工具1つで着脱可能なので狭い間口への搬入もスムーズ。

エクステンション式には珍しいW1000 D1000の正方形。限られたダイニングスペースでも無理なくレイアウト出来、通常時は2人でゆったり座るのが望ましい。両側のエクステンションを引出せば最大(W1800)4~6人で使用可能。自宅に友人を招く機会が事が多い方や、テーブルいっぱいに資料を広げて仕事される方に是非お勧め。 きっと、北欧スタンダードのテーブルの素晴らしさに魅了されるはず。落ち着きのあるチーク材の風合いは料理、器の色彩を際立て、料理が一層美味しく感じられるだろう。楽しい団欒をこのテーブルで過ごしていただきたい。

次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、木部のアフターケアもご対応します。


コメント : 谷山


木材の詳細
メンテナンスサポート
画像、文章の無断転載に関して

Dining Table
180128
W1000+(400×2) D1000 H720
- - - - - / - - - - - / Denmark / 1960's / Teakwood
SOLD OUT