VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

ハンス・ウェグナーによるソファGE375。これぞイージーチェア(安楽椅子)と言える寛ぎを追求したデザイン。

座面の延長がそのまま後脚となるウェグナーらしい三角構成は部材の数を削減しながらも、低重心で高い安心感を感じられる。背面に目を向けてみると圧巻の構造美。各部材が複雑に組み合わさり、壁際に置くことを躊躇するほど素晴らしい。また、シンボリックな幅広の肘掛けはオーク材の豊かな木目を感じながら腕を休めることができ、飲み物を置くことも可能。そして、このソファは簡単に2人掛けから1人掛けに分割出来るユニークなギミックも備わる。ライフスタイルの変化に合わせて使い込んでいけるのは嬉しいところ。

腰かけてみると、座と背の角度が深くゆったりとしたシートポジション。クッションはフレーム意匠を惹き立てるべく厚みを抑えながらも、固めにセッティングされたウレタンフォームがしっかりと体重を支えてくれる。クッションサイズは幅広で大人の男性でもゆとりを感じるほど。ハイバックの背もたれは肩から首までサポートしてくれて、全身の力を抜いて身を委ねられる。ヘッドレストはパーツの取付け方を変えると上下に調整可能。体格に合わせてサッと切り替えられますから、ご家族とソファを共有される場合も皆さまで寛げることでしょう。

クッション張地、ウレタンフォームは国内にて新規に交換済み。張地は間もなく創業70年を迎えるデンマークの老舗生地メーカーDANISH ART WEAVING社の「Nice(ニース)」をセレクト。創業当時のラインナップをいまでも大切にする同社は、一貫した管理の中で行われる紡ぎ、染色、織りから生まれる高品質な生地を提供。そんな50年代の雰囲気をまとったクッションと経年変化したオーク材のフレームが旧知の仲とも形容できるほどに上手に馴染んでいる。ウールとリネンの混合生地でさらりとした質感がとても気持ちよい。

Nice生地価格は1mあたり¥15.300/m。張替えには5m必要なので生地代は¥76,500。さらに職人による張替工賃が加わりますが、それらはすべて本体価格に含まれています。良質な天然素材を使用したDANISH ART WEAVINGの生地は、風合いの変化を感じながら末永くご愛用いただけます。

次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、生地張替、木部のアフターケアもご対応します。


コメント : 中島


木材の詳細
メンテナンスサポート
画像、文章の無断転載に関して

Sofa
171130
W1510 D940 H960 SH420 配送料金Dランク x 2台
Hans J Wegner / Getama / Denmark / 1969 / Oak wood
500,000円(税込540,000円)