VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

数々の名作椅子を作り上げてきたハンス・ウェグナーによるイージーチェアGE530。骨太な素材使いはいかにも彼らしいのだが、その量感は同じくGetama社で作られたヒット商品GE290をはるかに凌ぐ。最も象徴的なのは、背もたれから肘掛けに繋がる弓なりのアーム。唯一無二の個性を感じさせるシンボリックなデザインは、意匠、機能の両面で大切な役割を果たしている。

一見、無垢材をそのまま曲げているように見えるのだが、それは技術的にはかなり困難なこと。思い通り成型できず、苦悩の日々だったに違いない。導き出された解決策は、無垢材を5mm程度の厚みに割き、積層させ、熱と負荷を加えながら整形、接着する方法。これで亀裂一つ入ることなくご覧の美しい曲線を表現できるようになる。アームから床に伸びる脚も、負けず劣らず太くたくましい。脚の上端は角型、そして途中から丸く形が変わり無垢材ならではの重量感を存分に表現。ドッシリと床をとらえる安心感のもと寛ぐことができる。

腰を降ろすと、クッションがお尻、背中を優しく受け入れてくれるソフトな感触。適度な角度がつけられており、上半身は自然と後方へ導かれる。ヘッドレストが頭までサポートしてくれますから全身の力を解放して寛ぐことができるでしょう。低めにセッティングされたアームはベストな位置で待ちかまえ、椅子が体に馴染むような感覚。太いアームはホールドしやすく力が入りやすいため、立ち上がる動作が随分楽に感じられるだろう。

使用される木材はダークトーンに仕上げられたスモークドオーク。オーク材に含まれるタンニンに働きかけ色を深くした仕上げのため、一般的な着色よりも自然な仕上がりが特徴。手を沿えると木目の凹凸感がしっかりと残っているのが分かる。もともと力強い木目ですから、素材のもつパフォーマンスを最大限に発揮している仕上げといえるでしょう。新たに張り替えたコットン&リネンの生地は一度洗いを掛けているためヴィンテージフレームともよく馴染む。ウレタンフォームも新規に交換済み。在庫は2台。1台(掲載価格)からのご注文承ります。

次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、木部のアフターケアもご対応します。


コメント : 中島


木材の詳細
メンテナンスサポート
画像、文章の無断転載に関して

Easy Chair
17D09-0052
W780 D930 H870 SH410 配送料金Cランク
Hans J Wegner / Getama / Denmark / 1973 / Oak wood
290,000円(税込313,200円)