VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

60年代デンマーク製のキャビネット。 家具の顔となる両開き扉は力強いチークの板目模様をシンメトリーに配置し、上端と下端にはローズウッドの突板を巧みに使い幾何学模様を表現した。 幾何学模様は側面にも連なり、デコラティブな印象を与え他の家具とは異彩を放つ。

扉を開けば、大きく分けて3つのスペースに区切られる。 上段は高さを抑えた幅広のスペース、左側はオープンスペースに可動棚が2枚、棚板内部に隠れるワイヤー式の棚受けは見た目もスッキリ、右側はオープンスペースと引出3杯が備わり十分な収納力を持つ。 両開き扉は、どこに何があるか一目瞭然で、物の出し入れや整理整頓がし易く使い勝手が良い。 扉の蝶番には、ビンテージ家具らしいクラシカルな真鍮金物が使用されるなどディテールが細かく所有する喜びを高める。

本体の箱下から伸びる長く細い脚は全体の印象を軽快に魅せスタイリッシュな印象を与える、末広がりのハの字構造に加え脚と脚の間には 貫が入る為安定感も確保される。さらに、幕板部分には小さなスライド天板が2枚セット、天板にローズウッドを使用する贅沢な仕様。 どのように使うかはこの家具を使い込んでゆくに人に委ねられる。

ダイニングテーブルに合わせてコーディネートすることで使い勝手はもちろん、室内に高低差が生まれより立体的で上質なダイニングスペースを演出できそうだ。 程よい高さの天板上のスペースはグリーンやオブジェをディスプレイするのにも最適。大きすぎず小さすぎないサイズ感なので、ダイニングシーンだけではなくリビングシーンやベッドルーム、エントランススペースなど設置場所を選ばない。 さらにはチークの本体をベースに、ローズウッド、サペリ、アッシュと様々な木材を使い分けている為周りにコーディネートする家具の選択肢も多い。

扉の開閉には鍵を使用しますが、施錠機能がない為マグネットキャッチを取付けております。

次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、木部のアフターケアもご対応します。


コメント : 谷山


木材の詳細
メンテナンスサポート
画像、文章の無断転載に関して

Cabinet
17D09-0063
W890 D395 H1305 配送料金Dランク
- - - - - / - - - - - / Denmark / 1960's / Teak & Rose wood
SOLD OUT