VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

デンマーク人デザイナー アルネ・ヴォッダーによるローボード。フィン・ユールと共に木工見習としての修行を重ね、1951年に自身の設計事務所をスタート。建築家、家具デザイナーとして活躍する中で、このローボードのファクトリーであるシバストファニチャーの黄金期(1960〜70年代)に同社の家具デザイン全てを手掛けた。彼の作品はどれも機能的かつ、シンプルで素材の魅力がよく伝わる意匠で、デンマーク国内に留まらず世界中を魅了。主にアメリカでの評価は高く、ホワイトハウスには彼の 作品が使用されているという。

材質はヴォッダーが好んで使用した高級木材ローズウッド。力強さと落ち着きが同居する独特な木目をリズミカルに配した正面扉はインパクト大。なおかつ緻密な計算と高度な技術が必要な蛇腹式(ジャバラ)扉となればなおさらだ。無垢材削り出しのハンドルは有機的で自然界からのインスピレーションを大切にしていたヴォッダ―らしいところ。中央から左右にガラガラと開いていくと、扉が側面にきれいに収まっていく姿は爽快。内部は着色仕上げがされており外装の印象が中まで保たれている。棚板にはオーク材を用いるなど扉で隠れるところにまでこだわっている点は素晴らしい。全て幅が揃った4つの部屋で構成されていて、可動棚が4枚付属。それぞれどの場所でも使用できる為、収納するモノに合わせて最適なレイアウトを組むといい。

量感のある本体から伸びる脚は驚くほど細く繊細なテーパーレッグ。こうしたエッジの効いた特徴に私はフィン・ユールの影響を感じる。建築家としての信頼感と、自然から得た美意識が見事に表現された秀逸なデザインと言えるでしょう。このローボー ドとコーディネートするならば、同種のローズウッド材やウォルナット材を代表するダークトーンか、もしくはレザーや金属などの異素材と合わせることで、上質な空間を演出できるでしょう。扉はスムーズな開閉が行えるよう調整済み。鍵は付属なし。


コメント:中島


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

木部補修  生地張替  サポート  木材種類  無断転載について

Cabinet
18S06-0038
W2000 D500 H860 配送料金Eランク
Arne Vodder / Sibast / Denmark / 1960's / Rose wood
SOLD OUT