VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

数々の名作椅子を作り上げてきたハンス・ウェグナーと、100年以上の歴史を誇るゲタマ社によるイージーチェアGE375。両者の出会いは1950年代初頭、それまではベッドメーカーであったゲタマ社がウェグナーに家具デザインを依頼したことがきっかけ。初期作品にGE290など現在まで続くほどのヒット商品が登場したことは同社にとって大きな転機となる。ソファクッションは従来のマットレス技術が活きるところですが、複雑な構造のソファフレームを製作することは容易なことではなかったはず。オリジナリティ溢れるウェグナーのリクエストに応えるべく、大変な努力があったことでしょう。

GE290の特徴であった座面の延長がそのまま後脚となる構造はGE375にも採用。低重心で高い安心感が得られるだけでなく、後方への傾斜が深いため安楽性にも優れている。部材の数も削減できることから環境保護やコストカットの観点でも秀逸である。シンボリックな幅広の肘掛けは天然木の風合いがよく表現されており、ここには飲み物を置くことも出来そうだ。立ち上がる際には手のひらをしっかりつけるので力が入りやすい。また、肘掛けの接続箇所にボルトが見えるのにお気づきだろうか。これは肘掛けを外し、もう一台のGE375と連結出来る仕様だから。いわゆるモジュラーソファの先駆けと言えるでしょう。背面にまわってみると、各部材が複雑に組み合わさる構造美に思わず見とれてしまう。壁面に隠れてしまうのは少し勿体ないかもしれない。

腰かけてみると座と背の角度が深くゆったりとしたシートポジション。クッションはフレーム意匠を惹き立てるべく厚みを抑えながらも、固めにセッティングされたウレタンフォームがしっかりと体重を支えてくれる。クッションサイズは幅広で大人の男性でもゆとりを感じるほど。ハイバックの背もたれは肩から首までサポートしてくれて、全身の力を抜いて身を委ねられる。ヘッドレストはパーツの取付け方を変えると上下に調整可能。体格に合わせてサッと切り替えられますから、ご家族と共有される場合も皆さまで寛げることでしょう。そして、今回は希少なオットマン付き。足を預ければ至福のリラックスタイムを体感。ときにはスツールとして座っても構わない。

クッション張地、ウレタンフォームは国内にて新規に交換済み。張地は今年で創業68年になるデンマークの老舗生地メーカーDANISH ART WEAVING社 社の「Nice(ニース)」を選択。創業当時のラインナップをいまでも大切にする同社は、一貫した管理の中で行われる紡ぎ、染色、織りから生まれる高品質な生地を提供。そんな50年代の雰囲気をまとったクッションと経年変化したオークフレームは旧知の仲とも形容できるほどに上手に馴染んでいる。

ウールとリネンの混合生地でさらりとした質感がとても気持ちがよい。 Nice生地価格は1mあたり¥15.300/m。張替えには3.5m必要なので生地代は¥53,550。さらに職人による張替工賃が加わりますが、それらはすべて本体価格に含まれています。良質な天然素材を使用したDANISH ART WEAVINGの生地は、風合いの変化を感じながら末永くご愛用いただけます。


コメント:中島


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

木部補修  生地張替  サポート  木材種類  無断転載について

Easy Chair
17D09-0144
Chair : W860 D930 H970 SH430 配送料金Dランク
Ottoman : W650 D400 H550 配送料金Bランク
Hans J Wegner / Getama / Denamrk / 1969 / Oak wood
SOLD OUT