STANDARDWorld Basic Products

こちらの商品はヴィンテージ品ではなく、新しい商品となります。

デリバリースタッフからのリクエストは、1.両手がフリーになる肩下げバッグ。2.道具類は整理できるように大きさの違うポケットをできるだけ。3.重い荷物を運んでもタフな素材で、使い込むほどに味わいがでるように。4.作業時に出たクズ、ゴミを素早く撤収できるようにバッグの中にもうひとつのバッグを用意し、それは肩から下げれるように大きなループを。

カナダに暮らしていたころ、タフな大工や電気屋は強靭なトート帆布バッグに様々な道具を詰込んでいた。バッグの汚れは彼らの経験値を黙って語り、仕事を依頼した僕を安心させた。ハイクでもそんなデリバリーバッグが望ましいと、オリジナルで製作しました。

帆布と言えば、岡山県は児島。全員が日本人の小さな工房は帆布織り専門だったが、今ではプロダクツの生産も行い、最初から最後まで一貫した製品作りはプロダクツの確実さを育む。滅多に使う事の無い"0番"の太い糸を使用した極厚の4号帆布をアウターバッグに使用。ジーパンは"20番”、チノパンは"30番"の糸というから"0番"がいかに頑丈で太い糸かがわかる。インナーバックは"5番”の糸を使い、帆布としては8号。

アウター、インナーバッグとも帆布はキバタ色、もしくは生成り色と言い、防縮加工、のり付けされていない生地本来の色目で環境にも配慮した。(真白な帆布は生地を薬品を使って漂白、色付きは薬品染料を使う)シャトル織り機によって1日でたった50mだけロール状に織られる。

アウターバッグには取外し可能なショルダーベルトが付き、重い荷物の時、両腕をフリーにさせたい時に便利。内部には、黒い塩ビの底板と薄いポケットが二つ、外部にも薄いポケットが二つ、物を詰め込み重くなったバッグを引き上げる際に便利なショートハンドル付き。

インナーバックには大小5ツのポケットがあり、納めるモノに応じて使い分けたい。iPad、iPhone、鍵、財布、名刺入れ、カメラ、コスメなど、ポケットはあればあるだけ便利。ハンドルループは長く男性の方でも肩に収まります。

アウターとインナーバッグはスナップボタンで連結可能。行きの荷物は軽いが、帰りは荷物は増えてしまうことが多い。そんな時、アウターバッグは肩下げで、インナーバッグは片手で握れば倍の荷物を持ち帰れます。HIKEのロゴも入っていないシンプルかつ実用性が高いバッグ。

コメント:須摩光央(WEBSITE担当)

Delivery Bag
W550 D220 H430、ショルダーベルト付、底に塩ビ板付
HIKE / Japan / Canvas
28,000円(税込30,240円)