VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

イギリスを代表する家具、チェスターフィールドソファセット。このソファの始まりは諸説あるようですが、3代目チェスターフィールド伯爵が注文したともされており、つまり18世紀頃から作られ続けているということ。

チェスターフィールド伯爵は英国紳士の象徴的な存在であったとされる程、国民の憧れる人物であったことが域の長いソファとなった背景でしょう。チェスターフィールドソファの特徴と言えば総革張りで、肘掛の前面には装飾的に鋲があしらわれ、さらに無数のボタン締めが全体に施されているところ。元々権威ある人物が愛したソファであることから極めて衣装を重視したソファであることが分かる。

しかし、それだけでは博物館のガラス越しに眺めればいいこと。現代でも愛され続ける秘密をもっと探ってみよう。見た目にも重厚な佇まいであるが、実際に内部フレーミングも非常に堅牢で、ドカッと大胆に腰掛けても微動だにしない。例えば量感ある背もたれや肘掛けに座ってみたってビクともしないのだから。

座クッションは厚みのあるウレタンフォームで構成されている。ふっくらとしたクッションは適度な弾力をもってお尻をサポートしてくれますから、長時間の映画鑑賞でも快適そのもの。両足をあげて胡坐(あぐら)をかいたり、ゴロンと寝転んだりと姿勢の自由度も高い。肘掛から背もたれまで同じ高さで囲われているので圧倒的な包まれ感が他のソファとは歴然の差。特にイージーチェアはそれを顕著に感じることでしょう。ソファならコーナーに斜め座りして広げた両腕を大胆に肘掛にかけてみたり、横向きに座って肘掛に背を預けながら足を伸ばして寛ぐのもいい。

レザーはヴィンテージコンディションながら、触って分かる程に厚みや耐久性があり、経年変化によって深みある最高な表情に育っている。まだまだ使えますから、これから先の移ろいも楽しみでならない。脚部はマホガニー無垢材。こちらも年々希少な材となっているが、深みある色へと経年変化した様子と相まって、ヴィンテージらしい重厚さが高られている。

3シーター、1シーター×2台のセット販売となります。ご購入後の張替え、フェザーの追加、交換も承れます。ご安心ください。分解が出来ない大型ソファですからお申し込み前に搬入経路ご確認ください。

倉庫保管となりますので、現物をご確認されたいお客様は事前にご連絡を下さい。


コメント:中島


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただくために自社プロスタッフが可能な限りメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

木部のメンテナンス
ウレタン交換、生地の張替え
ご購入後のサポート
木材の種類


画像、文章の無断転載に関して

Sofa
16D06-0114
Sofa : W2130 D920 H730 配送料金Fランク
Easy Chair : W1050 D950 H740 配送料金Dランク×2
- - - - - / - - - - - / England / 1930's / Mahogany wood
780,000円(税込842,400円)