VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

希少なローズウッドをふんだんに使用したキャビネット。ローズウッドは現在ワシントン条約で輸出入が制限されているため、このキャビネットのように外側だけでなく内側にも使用した贅沢なつくりは、まさにヴィンテージならでは。黄金期と呼ばれた1960年代デンマーク家具の豊かさを感じさせる。

まずは正面からその美しい木目を存分に味わいたい。両開きの扉に左右対称に並んだ木目は連なる山のようにも見え、濃淡のリズムがどこまでも目に快い。2つの扉板は四方を框によって縁取られ、キャビネット前面の木口がその周囲をさらにぐるりと取り囲む。木口には斜めに角度がつけられており、そこにシャープな影が落ちることで扉板の木目を額縁のように引き立てる。

真鍮製の鍵を使って扉を開くと、そこにもローズウッドの豊穣な木目が広がる。外側の木目が連なる山だとすれば、内側の木目はゆったりと流れる川のようだ。外側と内側で木目を繊細に使い分ける、つくり手の確かなセンスが感じられる。内側の棚板は最下段が固定、上2段は可動式。可動棚は正面木口を斜めにカットすることで、スッキリとした印象に仕上げたところも素晴らしい。

扉を閉じて下段に目を移すと4杯の引出しが備わり、無垢材を削り出したハンドルは手に馴染み、動作は軽快。新調した底板は気持ちよく使用できるうえ、年を経て深みを帯びたローズウッドとの対比も美しい。本体を4本の脚がしっかりと支えているが、スッと伸びた脚はよく見ると角の部分が削り落とされている。このわずかな処理により、安定感はありながらも印象が重くならない、微妙なさじ加減のデザインが成立している。

可動棚と4杯の引出しを備えたキャビネットは十分な収納力があり、美しいだけでなく使い勝手も抜群だ。ダイニングに置いて食器やカトラリー、ナプキンなどを収納してもいいし、リビングに置いて趣味の小物や書籍を収めてもいい。寝室では衣類やアクセサリーの整理に活躍しそうだし、書斎があれば仕事用の書類や文具を入れても様になる。置かれた空間に上質な雰囲気を与えてくれるこのキャビネット。さて、あなたならどう使うだろうか。


コメント:大塚


新型コロナウイルス感染対策について


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

ハイク品質と特性  生地張替  サポート  木材種類  無断転載について

Cabinet
20D06-0094
W1020 D420 H1500 配送料金Dランク
- - - - - / - - - - - / Denmark / 1960's / Rose Wood
300,000円(税込330,000円)