STANDARDWorld Basic Products

2000年代のペルシャ絨毯。


イラン中央に位置する都市ナインにあるハビビアン工房で織られた絨毯。ナインはタブリーズ、エスファハン、クム、カーシャンと並ぶペルシャ絨毯5大産地の一つで、白を基調とした明るい色合いが特徴である。こちらはグリーンの色使いが華やかな一枚。中央の大きなモスクの天井を模したゴンバッティーメダリオンが象徴的。

A (H-1561)
1500×1100 / 2000's / Wool & Cotton
¥345,455+Tax


淡いピンクのメダリオンの周囲は濃いネイビーの毛糸で織られており、淡い色とのコントラストが特徴的な一枚。トルコ結びで織られるタブリーズの手織り絨毯は絨毯模様の正確さ、結び目の堅牢さが時として機械織り絨毯と見間違うほどに美しいとされる。

B (H-1566)
1260×800/ new / Wool & Cotton
¥172,727+Tax


イラン北西部を占めるアゼルバイジャン地方の中心地タブリーズで製作された絨毯。東西文明が交差する要衝の地にあり、イラン最大の商業都市として古くから栄えた。ヨーロッパ市場を見据えた絨毯づくりは、幅広いデザインの開発にも繋がった。ブルーとオレンジの鮮やかな色使いが特徴的な一枚。中央下部にはサインが織り込まれている。

C (H-1581)
1540×1000 / 2000's / Wool & Cotton
¥354,545+Tax


ペルシャ絨毯5大産地の一つであるタブリーズで製作された絨毯。全体的に淡い色合いが特徴で中央のアイボリーから外側に向かって濃さの異なるブルーグリーンの毛糸が使用されている。手織りとは思えない程の緻密な文様が美しく、落ち着いたカラーの為モダンなインテリアとも相性抜群。

D (H-1600)
2040×1530 / new / Wool & Cotton
SOLD OUT


ベースとなる部分はワインレッドでマヒが散りばめられている。ワインレッド、ネイビーといった色使いの中、枠の部分にアイボリーを使うことで楕円のデザインが引き立つ。模様の縁取りには一部白いシルクを使用。

E (H-1601)
1880×1300 / 2000's / Wool & Cotton & Silk
¥545,455+Tax


男性が織ることが多いとされるタブリーズの絨毯。枠の部分は薄いブルーグレーのベースカラーにオレンジ、ブラックの毛糸で花が織り込まれ、模様の縁取りには一部白いシルクを使用。全体的に明るめの色使いの為、中央のブラックとのコントラストが美しい。

F (H-1636)
1580×1020 / 2000's / Wool & Cotton
¥290,909+Tax


マヒについて
ヘラート文様とも呼ばれる魚の形に似た文様。タブリーズ、サルーク、ビジャー等の地方で良く使用される魚のデザインは、家庭の平和と幸福のシンボル。
該当商品:B・C・D・E・F


コンディションは良好。見る角度や光の当たり方により色調の変化を感じる場合がございます。ご不安な方はお申し込み前に現物お確かめください。

ご希望商品画像のアルファベットをご購入フォームの備考欄に入力してください。


Persian Carpet
H-1566
- - - - - / - - - - - / Persian / Wool & Cotton
下記価格はH-1566の価格
172,727円(税込190,000円)