STANDARDWorld Basic Products

ヴィルヘルム・ラウリッツェンによるペンダントランプ「VL45」

デンマーク建築史の中でも最も重要な建築家のひとりとして知られ、確固たる美学の持ち主。家具分野でも有名なフィン・ユールも彼に師事したという。特に光に対する考え方にたけており、このランプを製作するルイスポールセンのデザインマネージャーは「光のマエストロ」と称賛するほど。

VL45はラウリッツェンが1940年に手掛けたラジオハウス(デンマーク放送局)の為にデザインしたランプ。だから通称「ラジオハウスペンダント」。モダンな建築、そして差し込む自然光と調和するように考慮され、そこに行きかう人々や家具が彫刻的な陰影をもたらしてくれる。その美しさから、住宅やレストランでも長く愛されてきたが、流行の移り変わりによっていつしか廃盤に。だが、70年以上経過した現代でもファンは多く、ヴィンテージマーケットでの人気は常に高い。こちらはその需要をうけて2016年に発表された復刻品。同じルイスポールセンによる復刻なので、当時オリジナルに忠実な再現がされている。

下側に開口部がある特徴的なフォルムのガラスシェードは、ハンドメイドの吹きガラス。内側と外側の2層の透明なガラスが、真ん中の乳白色ガラス層をはさみこむ3層構造によって、ヴィンテージ特有の厚みのあるガラスを表現。光を灯せば、電球のシルエットを感じさせることなく、ふんわりと穏やかな光があたりを照らす。一方で、開口部によって下方に注がれる直接光は、物の輪郭をくっきりと浮かび上がらせる効果が。あらゆるものを美しく照らそうとする意図が感じ取れる秀逸なデザイン。コードと連結する真鍮パーツは、ボテリとしたガラスに対して繊細な印象を与えており、全体意匠を引き締めている。無塗装ですから、風合いの変化を見つめながら、日に日に愛着が増していくことでしょう。

優しい光と直接光、2種類の特徴を持つランプですから、吊るす場所は問わない。周囲を明るく照らすリビングのメインランプとして、またはダイニングテーブルやデスク上に吊るしてもいい。100Wの高出力電球をセットでき、1灯で広い範囲をカバーできる美しいランプはそうはない。

シェードサイズは2種類。

直径250 H328 / 100W : ¥54,000+Tax
直径370 H448 / 200W : ¥72,000+Tax

掲載画像はφ250タイプ。


コメント : 中島(ショップスタッフ)

Pendant Lamp
Import
直径250 H328 E26 100W
Vilhelm Laurizen / Louis Poulsen / Denmark / 1945 / Glass & Brass 
下記価格は上記サイズの場合
54,000円(税込58,320円)