VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

Niels O Moller(ニールス・O・モラー)によるダイニングチェア"Model 71"。

1951年の発売以降、今もなお、作り続けられている北欧を代表する名作家具。 その理由の1つは、吟味された上質な木材を使用している事、当時のこだわりは50年経って深みを増したチーク材の表情を見れば納得する。 もう1つは、見事な曲線を描く有機的な背もたれと脚部からなる上品なフォルム、それを可能にした美しい接合技術は、自身が立ち上げ徹底管理した家具工房J.L.Mollers社だからこそ。

デザインもさることながら、道具としての機能も素晴らしく、背もたれは浅く腰掛けても、深く腰掛けても背中に上手くフィットされるように計算されている。 座のペーパーコードは細かく網目状に張られコードズレを防ぐとともに、適度なテンションを保ちつつお尻に沿って沈み込む。 通気性もよく長時間座っていても快適そのもので、日本の気候風土に適しています。 デザイン性と機能性を持ち合わせた魅力的な1台である。

同種のチークダイニングテーブルにセットすれば、椅子のバックショットも相まって上質なダイニングスペースを演出してくれるだろう。 木部と共に経年変化したペーパーコードはビンテージらしい深みのある素晴らしい表情。 2脚セットの販売(@78.000 x 2)となります。

倉庫保管となりますので、現物確認ご希望の場合には事前にご連絡を下さい。

次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、ペーパーコード張替え、木部のアフターケアもご対応します。


コメント : 谷山


木材の詳細
メンテナンスサポート
画像、文章の無断転載に関して

Chair
17D09-0077
W490 D510 H770 SH430
Niels O Moller / JL Moller / Denmark / 1951 / Teak Wood
2脚セット(@78.000 x 2)の販売
SOLD OUT