VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

カイ・フランク(Kaj Franck, 1911〜1989)による小ぶりなガラスボウル。吹きガラスの技法でひとつひとつ丁寧につくられており、個体ごとのわずかな差もこの作品の魅力になっている。

カイ・フランクはフィンランドのデザイナーで、陶磁器やガラス器に数多くの名作を残した。奇をてらわない実直でシンプルなかたちのデザインから、しばしば「フィンランド・デザインの良心」と称される。日本では2019年に神奈川県立近代美術館で大回顧展が開かれ、大きな評判となったことも記憶に新しい。

カイ・フランクのガラス作品を見ると、色というものは本来光と不可分の関係にあるのだ、という当たり前の事実にハッとさせられる。光がなければ色は存在しない。色は常に光とともにあり、光によってのみその姿をあらわす。彼のガラス作品では色と光が密接にリンクしており、その色を愛でることはすなわち光を愛でることでもある。

今回入荷したガラスボウルはブルーバイオレットとレッドの2色。それぞれ単独でももちろん美しいが、2つ並べると特にその美しさが際立つ。お互いがお互いの色を引き立てるだけではなく、ボウルとボウルの間に広がる空間に本来は存在しないはずの色を感じてしまうのが不思議だ。カイ・フランクがガラスに込めた色彩はいつの間にかガラスをそっと抜け出て、その周囲数センチにまで足をのばす。彼はこのプロダクトでモノだけでなく、その周りの空間も含めてデザインすることに成功したのだと思う。



コメント : 大塚

Glass Vase
KFGL653
直径133 H50
Kaj Frank / Nuutajarvi / Finland / 1953
下記価格はブルーバイオレットの場合
SOLD OUT