こちらの家具は国内生産のハイク・オリジナルとなります。

光に浮かび上がるシルエットとパイン材の豊かな素材感。パイン材の表面は浮造(うづくり)加工によって木目が立体的に浮かび上がっている。ですから、光が当たると陰影が現れ、平面構成が有機的な造形に感じられることでしょう。

墨で表現された黒色は光を受けると、しっとりと銀色にも似た独特の輝きを纏う。本体上部など、ディテールに施された造形の輪郭をくっきりと強調してくれますから、意匠的な要素は控えめでも十分にその魅力が現れている。

お気に入りの食器やオブジェを眺められるよう扉は大きなガラス戸に。ハンドルは設けずに鍵で解錠したらそのまま鍵を持ち手がわりに引いて開く仕組み。こうして要素を抑えることで中身がいっそう映えるはず。もう片方の扉にはフランス落としが備わっていますから、ひとりでに開いてしまうことはない。

鍵や蝶番などの金物にはインポートパーツを使用。簡潔な意匠だからこそディテールは大切にしている。内部には可動棚が6枚備わり、内容に合わせて自由に高さを調節すれば効率的。本体中ほどの1枚は強度を確保する為、固定式とした。

背面を見てみると細長い板が横に連なる羽目板構造に。板と板の間には溝が掘られ、見えないところに僅かに隙間を設けることで木の動きに対応できるようになっている。古くから家具や建築に用いられる技法だが、無垢材で収納家具を構成するには大切なポイント。

カントリーテイストのシルエットながら、ブラック塗装がキャビネットを引締め甘すぎることはない。ローズウッド材のヴィンテージテーブルなどとシックなスタイリングにまとめると上手くまとまりそう。見せる収納は食器やオブジェ選びだけでなく、その並べ方にも完成が問われる。日々の生活の中で自然と美意識が磨かれていくことでしょう。

特注家具となりますので、カードお支払い不可となることご了承下さいませ。

Glass Cabinet
W1130 D440 H2025
価格は上記サイズの場合。若干のサイズオーダー承ります。
500,000円(税込550,000円)(受注生産品)