STANDARDWorld Basic Products

こちらの商品はヴィンテージ品ではなく、インポートの現行品となります。

円錐と球という基本形状を組み合わせた“だけ“の照明、Biliaは1932年にジオ・ポンティがデザイン。シンプルな球体と円錐を組み合わせ、完璧なバランスのオブジェクトを完成させるジオ・ポンティの構成力のすごさを見ることができる。光を柔らかく透過する球体と、放射状に光を反映させるステンレスの素材のコントラストも美しい。光を灯さなくても完成されたオブジェクトとして空間を引き締めてくれる。

サイドテーブル、ローボードの上やベッドサイドにどうぞ。硬質な素材感がローズウッドとよく似合い、光を灯さずともオブジェクトとして存在感を放ってくれる。緊張感のある佇まいは私たちの感覚を研ぎ澄ましてくれるので、そう考えると、書斎のデスクに置いてあげれば集中して作業に向かえるだろう。

1891年、ミラノに父エンリコ・ポンティと母ジヴァンナ・リゴーネの間に生まれる。1921年、ミラノ工科大学建築学部を卒業し、ミラノにて他の建築家と共同で事務所を立ち上げる。1923年から1930年にかけ、イタリアの陶磁器メーカー、リチャード・ジノリでアートディレクターを務めた。1928年には雑誌ドムスを創刊し、初代編集長を務めた。ポンティはイタリアンデザインの基準となる人物であり、モンツァ・ビエンナーレ、ミラノ・トリエンナーレ、インダストリアルデザイン協会の強力なサポートを行ってきた。代表作に1951年発表の椅子スーペルレッジェーラ、ミラノのピレリ・ビル(イタリア語版)(構造家、ピエール・ルイージ・ネルヴィと共同)、デンバー美術館北館(1971年、アメリカ合衆国・コロラド州)などがある。

LED電球タイプ(ON/OFFスイッチ)とLED内蔵タイプ(スイッチ長押し調光)の2種類の仕様がございます。

LED電球タイプ (ON/OFFスイッチ)¥106,000
E17 LED電球ミニクリプトタイプ25W形ホワイトx1
LED内蔵タイプ (スイッチ長押し調光)¥120,000
LED9W 2700K CRI>80 950lm 内蔵
ご希望の仕様を備考欄にご記載ください。


コメント : 旭


Table Lamp Bilia
Import
直径200 H430 2700K 9W 950Lm
Gio Ponti / Fontana Arte / Italy / 1932
120,000円(税込132,000円)