Vintage, Bespoke, Standard Furniture and Objects

STORE

世界中で愛され続け、北欧ヴィンテージ家具の代名詞として称されるハンス・J・ウェグナーのGE290ソファー。このソファーをきっかけに北欧家具に興味を持たれた方も多いのではないだろうか。 実は私もその中の1人。

1953年ウェグナーが職人、デザイナーとしても油の乗った39歳の時にデンマークのマットレスメーカーでもあったGETAMA社と手を組み製作された。発表から64年経った現在もなお作り続けられるまさに名品。ハイクでも過去最も販売数の多いソファーだ。骨太構造のオークフレームは、木の温もりと安心感を与えてくれる。このソファーの顔ともいえる幅広アームは、落ち着きのある柾目模様、右アームにはオーク材特有の模様虎斑(とらふ)が大胆かつ美しく入る素晴らしい表情。(個人的にはこれまでで最も美しいと思う木目)

座り心地はGE290ならではの深い座角によって心身ともに体を授けることができる。抑えられたシート高によって足裏は確実に床に接することができ、膝裏圧迫はこのソファにはまるで関係がない。ビンテージならではのコイルスプリング入りのクッションは適度にテンションがあり、読書や映画鑑賞など長時間の着座に最適。全高は低く、視線の抜けも良く、またバックショットも大変美しく、部屋の中央、リビングとダイニングの間にセットしても圧迫感は感じさせ無い。立上る時は肘掛に手をつけばスムーズに起きあがれ、時にマグカップだって置ける。分割されたクッションは、他の人が座っても干渉され難いのが良いのと、日々の掃除も簡単。

クッション張地、ウレタンフォームは国内にて新規に交換済み。張地はインポートの上質な生地を使用。発色が良く深みのあるブルーのウール地はオークフレームとの相性もご覧の通り素晴らしく、他の家具ともレイアウトし易いカラーでお部屋をよりよい空間に演出してくれるだろう。

次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、中材、ウレタンの交換、木部のアフターケアもご対応します。


コメント : 谷山

Sofa
17D02-0088
W1800 D820 H720 SH400
Hans J Wegner / Getama / Denmark / 1953 / Oak wood
SOLD OUT
STORE > SOLD OUT > SEAT > Sofa Hans J Wegner