VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

デンマークでローズウッドの家具が多く発表されたのが1960年代前半、それまではチーク材やオーク材が主流だった。 荒々しい木目を持ちながら程よい艶感をまとい、大人っぽく上品さが際立つローズウッドは瞬く間に人気の樹種となる。 しかし、1970年代には亜熱帯地域の環境保護のため、伐採禁止となりローズウッドの家具は激減する事に....。 そんなローズウッド最盛期の1960年代に製作されたデンマーク製のローボード。

家具の顔となる前面には、緻密な計算と高度な技術が必要な蛇腹扉。 要素を限りなく抑える事で、混じりけのないローズウッド材の魅力を最大限引き出した。 中央のスリットに手を掛け左右に扉を開放すれば、スルスルと側面へ吸い込まれていく。 観音開きの様に手前側に開く必要がないから省スペースで機能的。 内部はオーク材を使用した贅沢な作りで3つのスペースで構成、可動式の棚がそれぞれに1枚と中央にはトレイが1杯。左右のスペースは幅が同じですから共通の棚を使用でき、収納するモノに合わせて最適なレイアウトを組むといい。深い奥行きによる大容量の収納は生活雑貨をたっぷりと収めておけるでしょう。

このローボードの秀逸さは蛇腹扉だけではない。側面に注目してみると珍しく木目が横方向に使用され、そのまま木目を追いかけると前面へ繋がっていた。 つまり曲木技術を用いてひと続きの木材が側面から前面へと継ぎ目なく用いられている事になり、当時の職人の確かさを感じることができる。 黒くペイントされた脚部は設置面が多く安定感と荷重に強い台輪仕様、高さを抑えることで圧迫感も軽減。 洋室はもちろん和室でコーディネートしても良さそうだ。


コメント:谷山


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

木部補修  生地張替  サポート  木材種類  無断転載について

Cabinet
18S06-0035
W2000 D550 H605 配送料金Eランク
- - - - - / - - - - - / Denmark / 1960's / Rose wood
SOLD OUT