VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

キャビネットと組み合わせられたデスクユニット。手がけたのはアルネ・ヴォッダー。躍進を遂げた50年代のデンマーク家具業界を支えたデザイナーの一人で、同国屈指の技術力を誇る家具メーカー、シーバスト社と協力し、数々の名作を世に送り出してきた。米国にも輸出していたメーカーだったこともあり、元米国大統領ジミー・カーターはヴォッダーのファンで、彼の家具はホワイトハウスに導入されているというのは有名なお話。こちらのデスクもその一つかは分かりませんが、希少種のローズウッドを贅沢に用いた構成と、圧巻の存在感は素晴らしいの一言。

まずはこのデスクの全体をよく見ていただきたい。デスク部分の脚は片側のみで、脚のない側をキャビネットの天板にのせることで成り立つという構成。デスクとキャビネット、2つの異なる家具を見事に合体させたユニークなアイデアは、思わず「なるほど!」と手を叩きたくなる秀逸さ。ビスやボルト固定しないのだが自重があるため安定感は申し分ない。

ではキャビネット部分からご紹介しましょう。向かって左側には引出しが3杯。ローズウッド材とアルミが組み合わさったハンドルを摘まんで引き出すと、スルスルと軽快に動作し中からチーク材の底板が現れる。内部の隠れたところにまで上質な木材を用いるところから、このデスクに妥協なき理想を追い求めているのだと、作り手の意思が伝わってくるようである。

中央にはカラフルに塗り分けられた引出しが5杯。色によって中身を区別したり、そのまま抜き出して天板の上に置いておくと、書類へのアクセスがし易く仕事が効率的。引戸を開くと可動棚が1枚。収納物に合わせて棚の高さを調節できる他、棚板を抜けば資料を立てて収納して置ける。そして、キャビネットの側面(デスクの背面側)にも収納が備わり、これは対面で仕事する人用の収納として機能しそうだ。

天板は幅2500mmほどの特大サイズ。これならオフィスの象徴的な存在となってくれるに違いありません。その実用性は申し分なく、最大3名でデスクをシェアできる想定がされている。メインスペースに1名、その対面に1名、キャビネットとは反対面の天板が大きくせり出たところにも1名分の椅子をセット可能。同デスクの天板が小さな仕様の場合ここに筆返し(天板縁の立ち上がり)が備わるが、これにないのは人が座ることを想定していると思われる。天板下には対面する相手の足がぶつからないよう仕切り壁があるのも嬉しい。

デスクには引き出しが3杯。最上段をみてみると仕切り板と可動式のレザートレーがセットされており、こうした細やかな配慮にはデザイナーの質の高さが伺える。こちらはペンなど細かな事務用品を収めておくのに丁度いい。下2段は少し深め。これだけ豊富な収納が備われば必要なものは手の届くところに全て収まり、天板はいつもクリーンに。キャスター付きの回転椅子を合わせるとL字ユニットのポテンシャルを存分に引き出すことができるでしょう。このデスクで仕事をすれば、さらなる高みへ私たちを導いてくれるに違いない。

大きなユニットですから、ローボードとデスクは分けてご納品いたします。大型家具につき、ヤマト家財便は不可。ハイクスタッフによる自社便となりますので、配送エリア、送料などはご相談ください。

鍵は付属いたしませんが、引出し、扉の開閉には支障ございません。


コメント:中島


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

木部補修  生地張替  サポート  木材種類  無断転載について

Desk
18S06-0042
Desk : W2480 D1040 H720
Cabinet : W1650 D420 H630
Arne Vodder / Sibast Furniture / Denmark / 1960's / Rose wood
1,850,000円(税込1,998,000円)