VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

1943年にハンス・ウェグナーによってデザインされた名作椅子「チャイナチェア」。その名の通り17、18世紀の中国、明王朝時代の椅子をリデザインしたもので、ウェグナーの代表作の1つ。後の「ザ・チェアー」「Yチェア」の原型となっている彼にとって重要なピースでもある。 このリデザインという考え方は、当時のデンマークのデザイン教育の指針「温故知新」(故きを温ねて新しきを知る)から来ている。デンマーク近代家具デザインの父と呼ばれたコーア・クリントも「古代は我々よりももっとモダンである」と言ったように伝統的で、価値の認められた家具を見詰め直し、現代様式にマッチングするように機能的にシンプル化する。この提唱に影響を 受けたウェグナーは見事に、このチャイナチェアで実践し、家具職人としての才能を開花させた。

実はチャイナチェアは少なくとも9種類のデザインがあるといわれている。このモデルはFritz Hansenと製作をしたもっとも初期のモデル「FH-4283」特徴的なのが肘から背にかけての笠木、3つのパーツにわけ、曲げではなくチェリー無垢材を削りだしフィンガージョイントで繋ぎ合わせたもの。後に発表された機械加工を多くとり入れて量産が可能となるようにデザインした」チャイニーズチェア「PP-66」とアームを見比べると両方の意図がよく分かり面白い。 

この複雑で美しい曲面を表現できたのはデザイナーのウェグナーと作り手のフリッツハンセン双方の技術力の高さと信頼関係があったからこそ。もう一点特筆すべきは脚部分に貫を入れない構造でありながら、座枠を太くする事で強度を持たせ全体の意匠をスッキリとまとめた。

座面奥行きはY Chairほど深くなく、深く座ってもカカトをしっかり着地できる。プライの背板は丁寧に背中に沿い体のこわばりが溶けてゆく。驚いたのがアーム形状。肘を乗せたときに手首後ろ付近が丁度アームのうっすい窪みの収まりすこぶる安定感がいい。両カカト、両アームが安定することで心まで満ちてくる。この感覚はY Chair、The Chairでは味わえない。見事な椅子だ。

ダイニングチェアとしてはもちろんデスク用の椅子として、又はこの造形美に酔いしれるべくオブジェのように置いても完結できる唯一無二な椅子。是非とも、店頭にて実物をご覧頂き体感して頂きたい。在庫は4脚。単体のご購入も可。左記価格は1脚単位。

こちらの商品は現行品のご注文も承っております。同材(チェリー)の場合¥977.000となります。納期などに関してスタッフまでご相談下さい。

次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、レザークッションの修理、木部のアフターケアも対応します。


追記:1脚販売済み、残り3脚。


コメント :谷山(ショップスタッフ)

Arm Chair
16D06-0034
W850 D550 H820 SH450 配送料金Cランク
Hans J Wegner / Fritz Hansen / Denmark / 1943 / Cherry Wood /
520,000円(税込561,600円)