STANDARDWorld Basic Products

ARK JOURNAL VOL.11 SPRING/SUMMER 2024

本号は、歴史がいかに芸術、デザイン、建築への理解を形作るかを考え、時代とともに進化する解釈の流動性、そして文脈の重要性を称えます。

建築家は、伝統と革新の相互作用をどのように調整しているのか。歴史的な先例を踏まえながら未来をどのように考えているのか、アダプティブリユース(適応型再利用)が古い建造物にどのように新たな命を吹き込んでいるのか、建築的介入がどのように敷地の文化遺産を尊重しているのかについて探ります。

メキシコシティとシンシナティにある、二つの象徴的なミッドセンチュリーモダンの邸宅を特集。これらの住宅は変容を遂げながらもそれぞれの豊かな歴史と意義に深い敬意を払っている。アメリカ人建築家、レイ・カッペ(Ray Kappe)の南カリフォルニア式の建築言語が、ベルリンの現代の家に変換されます。また、バルト海の島にある邸宅は、未開の自然を体験するために建てられたものです。

ヨハネスブルグを拠点に活動する建築家、キュレーター、スマヤ・ヴァリー(Sumayya Vally)は、若き世代を象徴する声です。インタビューでは、いかにアイデンティティ、帰属感、文化のハイブリディティが従来の規範外の建築を形成するかを強調しています。また、エリエル・サーリネン(Eliel Saarinen)とロハ・サーリネン(Loja Saarinen)のフィンランド初期の邸宅であるフヴィトラスクを訪れました。そこでは、創造性とコミュニティが根本的に絡み合っています。

「Case Studies」では、インテリアスタイリストのパーニル・ヴェスト(Pernille Vest)が、貴重な貴族の木から作られ、時間と熟練した手によって作られた家具を芸術品として探求し、 「Basel」では、ギャラリー「von Bartha」のフォン・バルタ家の2代にわたるギャラリストが、アートとともに生き、働く方法を教えてくれます。

「Design Metaphors」では、イタリア人建築家、インダストリアルデザイナー、エットーレ・ソットサス(Ettore Sottsas)の写真を通じて建築の起源を探求しています。また、編集者のダン・ゴー(Dung Ngo)は、「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」で開催されたラテンアメリカのデザイン史に関する展覧会の企画を担当した、キュレーター、アナ・エレナ・マレット(Dung Ngo)と対談し、工芸と産業がハイブリッドなアイデンティティを形作った地域のデザイン史について語ります。

最後に、「ポートフォリオ」では、建築、デザイン、芸術におけるユートピアの新しい考え方が、ラテンアメリカの現代性をどのように形成したかを探ります。

アークジャーナルは2019年にデンマークの有名インテリア雑誌のエディター、スタイリストを長年務めるMette Barfodが創刊しました。「私たちの周りの空間、そこに置くオブジェクト、そのオブジェクトの作り手」をテーマにしています。建築、デザイン、アートの相互作用にスカンジナビアの価値観や美学を通してフォーカス。約240P、年2回刊行、英語表記。


本書は印刷や製本の性質による細かなスレや背表紙角のシワ、欧州からの輸送時における表紙の僅かな捲れや角折れが入る可能性がございます。予めご了承下さい。気になる方は現物確認後のご購入お願い致します。

表紙は3種類、中身は全て同じです。表紙のご指定は承っておりません。

VOL 06のご注文も承っております。 複数号お申込みの方はご希望のお品物を全てカートに追加後、ご決済をお願い致します。 VOL 01, 02は出版元でもSOLDOUTとなります。

納期:およそ約1週間。欠品時は別途ご案内差し上げます。

ARK JOURNAL VOL 11
Import
W236 D315 240P
Ark Journal / Denmark / Biannual
5,800円(税込6,380円)