VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

自らマイスター(職人)としての技術を持ち、木への理解も深いウェグナーは生涯500以上ものチェアーをデザインした。それらを実現できたのは、良いメーカー、職人と出会えた事が大きい。事実、ウェグナーは良いデザイナーになるためには良い職人と共同作業をする事が大切だと公言していたと言う。こちらのGE530ハイバックチェアは、デンマークのマットレスメーカーGETAMA社と手を組み1973年に発表されたモデル。

一見すると、無垢材を曲げたように見えるアームだが、実は無垢材を5mm程度の厚みに割き、積層させ、熱と負荷を加えながら整形、接着する方法で亀裂一つ入ることなくご覧の通り絶妙なカーブを表現している。アームから床に伸びる脚は、ウェグナーらしい安定感を感じる力強い佇まい。接合部は正面から見た際にアームと同じようにフラットに見えるように設計され、一体感と優美さを演出する。

腰を降ろすと、クッションがお尻、背中を優しく受け入れてくれるソフトな感触。適度な角度がつけられており、上半身は自然と後方へ導かれる。ヘッドレストが頭までサポートしてくれ、全身の力を解放して寛ぐことができる。低めにセッティングされたアームはベストな位置で待ちかまえ、椅子が体に馴染むような感覚。太いアームはホールドしやすく力が入りやすいため、立ち上がる動作が随分楽に感じられるだろう。使用される木材は、オーク材に含まれるタンニンに働きかけ色を深くし仕上げられたスモークドオーク。オーク材の力強い木目を持ちながら、チークやローズウッドの家具とも相性の良い材料としてとても重宝された。

クッション張地、ウレタンフォームは新規に交換済み。生地はファブリック分野で世界的なトップブランドKvadratの“Molly”をセレクト。 生地の価格は¥16,000/m。張替えには生地が3m必要で、生地代だけでも¥48,000。これに張替加工賃も加わるが、これら全ては価格に含まれおり、最高ランクの生地をお楽しみいただけます。

Kvadrat社の“Molly”は、染色前の羊毛の色味を生かして一つ一つ丁寧に紡績、染色をしている。個体差のある毛の色に合わせ編み方を調整し、素材の良さを最大限に引き出すこだわりよう。 リネンのようなアッサリとした肌触りは、一年中快適に使用出来る。上質なウールを用ることで使うごとに滑らかになり、生地を育てていく楽しみもあります。


コメント: 谷山


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求しています。末長くご使用いただくことを考慮し、下記メンテナンスを施しております。ご購入前に一読していただけますと幸いです。

木部補修  生地張替  サポート  木材種類  無断転載について

Easy Chair
17D09-0046
W780 D870 H930 SH410 配送料金Cランク
Hans J Wegner / Getama / Denmark / 1973 / Oak wood
290,000円(税込313,200円)