VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

60年代デンマーク製のダイニングテーブル。当時の住宅事情を反映して機能的な拡張式テーブルが考案された。その中でも最も変化出来る幅が広いのがバタフライ天板+スペア天板が備わったこのモデルだろう。天板に使用されている木材は飴色に経年変化したオーク材。ヴィンテージ家具ならではの風格が漂っており、短辺方向にしなやに流れる木目が非常に美しい。ベースサイズは740×880と1人、もしくは2人で対面使用するには丁度よいコンパクトサイズですから、限られたダイニングスペースもゆとりを持ってレイアウトできそう。

テーブルの両サイドには真鍮金具によって連結されたバタフライ天板を備わり、これを広げれば幅およそ1600mmのテーブルとなり4〜6人で使用可能な大きさとなる。その動作は女性ひとりでも難なくこなせる容易さ。また、この部分には天板下に幕板がない為アームチェアが綺麗に収まるのは嬉しいところ。既に十分な広さだが、さらに天板中央にはもう2枚のスペア天板がセットでき、バタフライ天板と合わせ最大幅2530mmのビッグテーブルへと変化。2枚のスペア天板の内1枚には幕板が備わっているから、1枚分を拡張した際の一体感もしっかり表現されている。最大の状態で使用することは稀でしょうから、一枚に幕板を付けずに収納性を考慮しているのは素晴らしい。

脚部はオーク無垢材を丁寧に削り出し、テーブルとの連結部分には少し丸みのあるディテールが。最小時のサイズを考慮した細めのテーパレッグが全体意匠に繊細な印象をもたらしている。都市部の住宅事情を考慮するとこのテーブルは最適ではないだろうか。パートナーとの時間を過ごしつつ、週末は家族、友人を招いてあたたかな部屋で食事を楽しむことはできる。拡張性の高さ、容易さからホームオフィスとダイニング、2つの機能をもつスペースにすることも出来そう。ライフスタイルの変化に応じたロングライフな1台となってくれることでしょう。

サンディングで除去しきれなかった輪染みが天板にございます。お写真にてご確認をお願いいたします。ご不安な場合にはショップにて現物確認をお願いいたします。


コメント:中島


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

木部補修  生地張替  サポート  木材種類  無断転載について

Table
19D06-0184
W740(+バタフライ 425x2 / スペア 470x2)D880 H720 配送料金Cランク+組立費用
- - - - - / - - - - - / Denmark / 1960's / Oak wood
SOLD OUT