VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

スウェーデンの家具デザイナー、アルフ・スヴェンソン(Alf Svensson, 1929〜1992)によるイージーチェア。製作は同じくスウェーデンのDux社。

アルフ・スヴェンソンは1950〜70年代を中心に活躍したデザイナーで、椅子やキャビネット、照明など様々な家具をデザインした。ヴィンテージ市場では特にその椅子の人気が高く、なかでも高品質なマットレスを手掛けていたDux社と手を組んだこちらのイージーチェアは彼の代表作と言えるもの。

絵筆をさっと走らせたような美しい曲線のシートと、それを支える彫刻のようなラインのフレーム。シートの構造体には背もたれから座面まで一体となった金属製のスプリングフレームを使用し、その周囲をウレタンフォームでぐるっと包み込んでいる。マットレスを得意としたDux社ならではのつくりで、これによりウレタンフォームによる厚みを最小限に抑え、美しいラインを実現している。フレームには明るく優しい色味を特徴とするビーチ材を使用。この椅子の持つ柔らかい雰囲気にぴったりはまっている。

腰を下ろしてみると、沈み込みの少ないシートがしっかりとお尻をサポートし、背もたれの曲線は背中に吸い付くようにフィットする。丸みを帯びた形状が可愛いヘッドレストに頭を預け、滑らかに削り出されたアームに両腕を置けば、気分はもうすっかりリラックス。ヘッドレストは高さ調節が可能なので、自分好みにカスタムすればより快適な座り心地が得られる。さらに特筆すべきは2段階のリクライニング機能で、通常は映画鑑賞や読書に最適な角度だが、リクライニングするとまるでファーストクラスのような快適さ。操作も簡単なので、これはぜひ一度体感していただきたい。

厚みが抑えられているため、他のハイバックチェアと比べて圧迫感をあまり感じさせない。壁置きでもいいが、壁から離してセットすればその美しいラインを360°ぐるりと堪能できる。軽やかでレイアウトの自由度が高く、リビングに置こうか、それとも書斎の本棚の近くに置こうか、なんてあれこれ考えるのも楽しい椅子だ。

張地、ウレタンフォームは国内にて新規に交換済み。明るいグレーの生地はシートの流れるような曲線をより美しく表現し、ビーチ材のフレームとの相性も抜群。肌触りもよく、この椅子の包まれるような座り心地をさらに良質なものにしてくれるだろう。


コメント:大塚


新型コロナウイルス感染対策について


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

ハイク品質と特性  生地張替  サポート  木材種類  無断転載について

Easy Chair
20D06-0077
W730 D760 H1020 SH360 配送料金Dランク
Alf Svensson / Dux / Sweden / 1960's / Beech wood
SOLD OUT