VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

1960年代、デンマーク製のエクステンション式ダイニングテーブル。デンマーク都市部は当時からコンパクトな住宅が主流で、それに対応できるように多くの拡張式テーブルがデザインされた。居住スペースの小ささは現代の日本も同様であるため、私たちの生活にもしっくりとくるデザインだ。

オーソドックスなつくりだが、貴重なチーク材が贅沢に使われているのはヴィンテージならでは。チーク材は堅く耐久性があり、油分を多く含み汚れにも強いから、ダイニングテーブルの素材としてはまさにうってつけ。

天板の木目は川のようにゆったりと流れ、その深い色味には皿に載せた料理もよく映えるだろう。縁には厚みのある無垢材がぐるりと張られ、耐久性を考慮したつくりに。椅子が当たって凹んだり、傷ついたりしても修復が容易で、気兼ねなく使用することができる。メイン天板の下に見えるのは、エクステンションのためのスペア天板。天板下に重なっているため保管場所の心配もなく、必要なときにさっと引き出して使える。天板は縁の部分にしっかりと丸みが付けられ、その丸みが2段重なることでデザインにいいリズムが生まれている。

天板を支える幕板と脚の部分は、奇をてらわない質実剛健なデザイン。脚の間隔も天板に対してしっかりととられているから、安定感があるだけでなく、椅子を収めるスペースにも余裕が出る。脚のテーパーはかなり緩やかで、そのかたちはどこか古代ギリシャ神殿のエンタシス(柱の中ほどにみられるわずかなふくらみ)を思わせる。天板の縁の丸みと呼応して、このテーブルのデザインに統一感を与えている。

拡張前のサイズは1400mm × 900mmで、大人4人がゆったりと座れるサイズ。天板は片側だけ引出しても平行を保つようになっており、片方だけ引き出せば6人掛け、両方とも引き出せば8人掛けとして使用できる。普段はメイン天板のみ使用して、鍋ものや書類仕事などでちょっとしたスペースが必要になればスペア天板を1つ引き出し、大勢の来客があったときにはスペア天板を2つ引き出してフル活用、なんてフレキシブルな使い方ができる。飽きのこないデザインと経年により深みを帯びた落ち着いた風合い。これからもずっと付き合っていけそうなダイニングテーブルだ。


コメント : 大塚


新型コロナウイルス感染対策について


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

ハイク品質と特性  生地張替  サポート  木材種類  無断転載について

Table
20D06-0102
W1400(+530×2) D900 H720
- - - - - / - - - - - / Denmark / 1960's / Teak wood
SOLD OUT