VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

創業50年以上のデンマークの老舗家具メーカーHaslve(ハスレブ)社と、デンマーク老舗陶磁器メーカーRoyal Copenhagen(ロイヤルコペンハーゲン)社共作のソファーテーブル。デンマークを代表する老舗メーカー同士のコラボレーションは当時非常に珍しく、大成功したひとつの例として現代に語り継がれる。

希少価値の高いローズウッドを使用したウッドフレームはHaslveのトップデザイナーSeverin Hansen Jr(セヴェリン ハンセン)が手掛けた。彼の真骨頂ともいえるシンプルなフレーミング、天板と脚を繋ぐ美しい接合方法は唯一無二。そのフレームに彩りを与えるタイル天板はRoyal Copenhagenの「TENERA(テネラ)」シリーズのもの。 TENERAシリーズは、当時のRoyal Copenhagenのトップ絵付師Nils Thorsson(ニールス トーソン)が、出身地や作風の異なる若手女性デザイナー6人を集めて、彼女たちに自由に表現の場を与えながら、若く溢れる感性を発揮させたシリーズとして知られる。

今回ご紹介する天板のデザインは、ノルウェー人デザイナーのGrete Helland-Hansen(グレーテ・へランド・ハンセン)によるもの。鮮やかなブルー色をベースに、絶妙なグラデーションと繊細なハンドペイントで描かれた抽象的で連続性のあるデザインは、見る方向や場所によって全く違った模様に見え、想像力を掻立てられる。 経年変化を経てより深みを増したローズウッドとの相性も素晴らしい。

タイル天板の利点は美しさだけでなく実用性も高い事。輪染みの心配がないため熱いものや、冷たいものも気にせず直接置け、万が一こぼしてしまっても濡れた布巾でサッと拭き取れば問題ない。木製天板に比べれば日々のお手入れは圧倒的に楽なのが嬉しいポイント。ソファー前にセットすれば、ガラリと上質な雰囲気を変えることが出来る。 リビングのアクセントテーブルとして最適なアイテムといえる。

タイルは欠けやひび割れも無く半世紀を経たとは思えない程グッドコンディション。 天板裏にはRoyal Copenhagenらしい陶器で作られた刻印と、安全性、耐久性、材料や製造方法に至るまで全ての項目が最高基準のファクトリーにのみ与えられる印 "Danish Control" のステッカーが誇らしげに残る。


コメント : 谷山


新型コロナウイルス感染対策について


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

ハイク品質と特性  生地張替  サポート  木材種類  無断転載について

Sofa Table
21D01-0113
W1330 D740 H515 配送料金Dランク
Severin Hansen Jr / Haslev / Denmark / Rosewood
200,000円(税込220,000円)