VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

ハンス・ウェグナーによるソファーテーブル「AT15」。ATの頭文字が付く品番はデンマークを代表する家具メーカー、アンドレアス・タック社が手掛けた証。古典的なデンマークスタイルと良質な素材、職人技を用いた家具が多く、ウェグナーもたくさんの家具をこのメーカーから発表している。現存しないメーカーのため、希少価値の高いテーブルと言えるだろう。天板裏にはHANS J WEGNERと、ANDR TUCK、両者の刻印と並んで、安全性、耐久性、材料や製造方法に至るまで信頼のおけるファクトリーにのみ与えられる印 "Danish Control" の刻印も残る。

天板には突板を用いることが一般的だが、こちらのソファテーブルは天板・貫・脚に至るまで全てオーク無垢材を使用した贅沢な造り。深い飴色に経年変化した豊かな表情と力強い木目により、躍動的な自然のエネルギーを感じることが出来る。また、天板厚を約20mm、長手方向から見た脚部の厚みは約30mmとシャープなシルエットにより、無垢材を使用した際に生じる野暮ったさや重苦しさは無く、洗練された印象を受けるのは流石の一言。

3人掛けソファにちょうどいいサイズ感。ソファ両脇に適度な動線が確保できるので人の出入りもし易いはず。また、テーブルの高さがソファの座面よりも少し高いため、上半身を大きく前方に起こすことなく天板上に置いた物へアクセス可能。リビングで食事をとる機会が多い方には嬉しいところだろう。ラグに腰を降ろして寛ぐにも、天板下がスッキリしているので胡坐(あぐら)をかいて座る際も広々と心地良い。

ビスやボルトを数本外せばバラバラになるノックダウン方式ながら、各パーツはしっかりと連結し、揺るぎない安心感がある。もちろんメンテナンスや輸送面でのメリットは大きい。さらに、無垢材は染みや小傷がついても、サンディングによるメンテナンスで綺麗な表情を取り戻すことが出来る。そのようにお手入れをしながらいつまでも傍に置いておける(置きたくなる)家具こそ本物と言えるのかもしれない。


コメント : 萱野


新型コロナウイルス感染対策について


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

ハイク品質と特性  生地張替  サポート  木材種類  コーディネートサービス  無断転載について

Sofa Table
21D01-0054
W1500 D610 H480 配送料金Dランク
Hans J Wegner / Andreas Tuck / Denmark / 1960's / Oak wood
SOLD OUT