VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

スウェーデンのデザイナー、ニールス・ヨンソン(Nils Jonsson、生没年不詳)によるダイニングチェア。製造は同じくスウェーデンの家具メーカーで、ヨンソンの作品を多く手掛けたTroeds社。

ニールス・ヨンソンは1950〜60年代に活躍した家具デザイナーで、キャビネットやローボードなどのいわゆる箱物家具を得意とした。簡潔な意匠に纏めながらも優れたサイズバランスやディテールへの配慮が素晴らしく、当時のデンマークでは親しまれていたのだろう。残されている作例は箱物家具が多いが、こちらのようなダイニングチェアもいくつかデザインしている。では、さっそく詳しく見ていこう。

貴重なローズウッドを使用した贅沢なつくりで、上品さが際立つ凛とした椅子だ。ローズウッドといえばその木目の美しさで有名だが、この椅子に使われているローズウッドは特に木目が美しく、強い印象を放つ。背中を支える笠木はこの木目を味わうためのカンヴァスのようで、ゆったりとしたカーブが波紋のような美しさを引き立てている。

カーブした笠木には適度な角度がつけられ、背中に優しく馴染んでくれる。その笠木からは後脚がスッと伸び、そのまま床面までストンと落ちる。また、一般的には露出している座枠や、脚と脚を構造的に繋ぎ支える貫が排除されたデザインは、ニールス・ヨンソンらしい美への探求を感じさせる。こういった配慮がこの椅子の凛とした印象をかたちづくっているのかもしれない。

座面のファブリックは落ち着いたグレーで新たに張り替え済み。コットンの柔らかな肌触りが心穏やかな気持ちにさせてくれる。ローズウッドの濃い色味とも相性がよく、お互いがお互いを引き立てあっているよう。上品なデザインだが古臭さはなく、この椅子にはどこか清新な空気感がある。凛とした表情はコンテンポラリーな空間にも違和感なく溶け込んでくれるだろう。

4脚セットでの販売。左記の価格はセット価格です。(¥60,000×4)


コメント : 中島


新型コロナウイルス感染対策について


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

ハイク品質と特性  生地張替  サポート  木材種類  コーディネートサービス  無断転載について

Chair Set
20D06-0078
W470 D440 H780 SH430 配送料金Cランク×2
Nils Jonsson / Troeds / Sweden / 1960’s / Rose wood
SOLD OUT