VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

ハンス・ウェグナーによるベッドフレーム。

ファクトリーは、ウェグナーの名作「GE290」「GE236」などの製作をしたGETAMA社。GETAMA社は1899年、デンマークのユトランド半島北部の町「Gedsted」で設立し、海で取れる海藻「Tang」を中材に使いマットレス「Mattres」を製造する工場の為それぞれの頭文字を取って「GETAMA」と名付けられた。時代の流れと共に、マットレスの中材を海藻からスプリングやウレタンフォームへと素材を変えていき、マットレスだけはなくソファなどの家具製造も手掛ける。1949年にウェグナーと出会い、現在まで高い人気を誇る数々の作品を発表した。今回紹介するベッドフレームはまさにGETAMAが最も得意とする家具と言っていい。

ウェグナーは異素材を組み合わせた家具を多く生み出しているが、こちらのベッドフレームも素材の活かし方が秀逸。フレームはチークを主材とし、年月を経たからこその深い味わい。両サイドのフレームは中央に向かって括れており、エレガントなラインを描いている。対してフットボードは量感があり、良質な素材を前面に押し出す贅沢な仕様。掛け布団がズレ落ちることを防ぐ効果も期待でき、使い勝手も良さそうだ。また、ヘッドボードの籐も黄金色に変化し、チーク同様にヴィンテージ家具ならではの魅力を醸し出している。繊細なパターンが狂いなく編まれている様は、当時の職人の技術力を窺い知れるポイント。木材と籐の黄金コンビは温かみがあり素敵だが、さらにウェグナーは脚部にスチールを選択。スラリと伸びるスチール脚の効果で程良い緊張感が生まれ、モダンな印象に。3種類の素材を見事にまとめ上げるウェグナーの構成力には脱帽である。

一般的なシングルベッドよりも幅がコンパクトだが、1人で寝るには十分な広さ。ベッドサイドにナイトテーブルをレイアウトしても空間にゆとりが取りやすいだろう。籐張りのヘッドは視線が抜け、細身の脚部が内側に入ることで浮遊感をもたらすため、シルエットはとても軽やか。重厚感のあるベッドフレームとは一線を画している。

床上はしっかりと空間があり、且つ底板がスノコ式のため、通気性に優れており、湿度の高い時期でも寝具を清潔に保つことが可能です。フレームは組み立て式でヘッド及びフットボードが外れ、サイドフレームもたたむことが出来るので、搬入もご心配なく。フレームの内寸はW850・D1950・H140。ご自身のお好きな硬さ、高さのマットレスをご用意下さい。また、ショップにてご相談も承れますのでお問合せ下さい。


コメント: 萱野


新型コロナウイルス感染対策について


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

ハイク品質と特性  生地張替  サポート  木材種類  コーディネートサービス  無断転載について

Bed Frame
21D01-0108
W900 D2000 H730 内寸:W850 D1950 H140 配送料金Fランク+組立費用
Hans J Wegner / Getama/ Denmark / 1960's / Teak wood
SOLD OUT