VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

1960年代、デンマーク製のエクステンション式ダイニングテーブル。デンマーク都市部は当時からコンパクトな住宅が主流で、それに対応できるように多くの拡張式テーブルがデザインされた。居住スペースの小ささは現代の日本も同様であるため、私たちの生活にもしっくりとくるデザインだ。

使用されている木材は、油分を多く含み、耐久性に定評のあるチーク材。経年変化によって醸し出す色艶は、ヴィンテージ家具でのみ味わう事の出来る贅沢。縦に流れる板目模様のチーク突板からは天然木の美しさを感じていただけるだろう。突板と聞いて椅子当たりなどによる剥れが気になるところだが、天板四方には厚みのあるチーク無垢材が貼られその心配は無い。仮に凹んでしまっても修復は容易なのでご安心を。両側からスライドして出し入れをするスペア天板の仕様が最もポピュラーだが、このテーブルは珍しい片側仕様。メイン天板をスライドするとスペア天板が現れスライドして空いた箇所にセットする。真鍮製の金具によって安定感も申し分ない。メイン天板との木目の繋がりを考慮された造りは製作者のこだわりを感じる。本体に美しく収納され、尚且つ保管場所の心配もなく簡単に使用できるのは嬉しいところ。幕板と脚部は、チークより1トーン明るいビーチ材を使用する事で軽やかな印象となり圧迫感も軽減される。脚部は、工具1つで着脱可能なので狭い間口への搬入も問題ない。

拡張前の天板サイズは1350mm × 850mmで、大人4人がゆったりと座れるサイズ。スペア天板を使用すれば6人掛けとして使用できる。普段はメイン天板のみ使用して、鍋ものや書類仕事などでちょっとしたスペースが必要になればスペア天板を用いフレキシブルな使い方ができる。飽きのこないデザインと経年により深みを帯びた落ち着いた風合いは、長きに渡り使用したくなる。

下記「カートに入れる」ボタンよりお申込み下さい。お振込・カード分割でのお支払いをご希望の場合はお問合せフォームよりご連絡お願いいたします。別途ご案内のメールをお送りいたします。


コメント:谷山


新型コロナウイルス感染対策について


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

ハイク品質と特性  生地張替  サポート  木材種類  コーディネートサービス  無断転載について

Table
22D09-0043
W1350+500×1 D850 H720 配送料金Dランク + 組立費用
- - - - - / - - - - - / Denmark / 1960's / Teak & Beech wood
SOLD OUT