VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

ピーター・ヴィッツ&オムラ・ミュルゴー・ニールセンによるキャビネット。派手さはない、けれど、壁面に凛と存在するこのキャビネットからは二人が表現する美意識や造りの確かさが滲み出ているのだろう。それでは、一緒にその魅力を探っていこう。

ピーター・ヴィッツは工芸学校で建築を学んだ後に、間もなくして自身の設計事務所を設立。オルラ・M・ニールセンは家具職人の修行後に、コーア・クリントやアルネ・ヤコブセンの事務所で勤務。1944年には共同でHvidt& Molgaard社を開設し、建築、内装設計、家具デザインなど多岐に活躍した。こちらはその2人が1956年、Soborg Moblerのためにデザインを手掛けたもの。

フルオープン仕様の上台と下台の2段構成。シンプルな意匠ながら、本体四方の断面は斜めにカットされ実際の厚みよりも薄く見せる工夫や棚受けのワイヤーが棚板内部に納まる仕様など細部にまで丁寧な仕事が伺える。キャビネットのシンボル意匠でもある本体の組み方は、石畳組み継ぎと呼ばれる手法で無垢材だけが与えられる組み方。ヴィンテージ家具の多くは反りや割れを懸念し突板で製作する事がほとんどだが、あえてチーク無垢材を使用した贅沢な仕上りがこの家具シリーズの凄みだろう。当時の良材と職人の技量のおかげで60年以上経った現在も大きな割れや反りも出ていないのが素晴らしい。

均等に振り分けられたグリッドを活かした使い方も良いし、収納物にあわせて可動棚の高さのバランスを整えながら 収納するのも良し。自身の自由な発想で使用したくなるキャビネットだ。

本体の下台、上台はのっているだけの構造の為、別途、背面で上下を固定できる連結パーツを添付します。背の高いキャビネットの為、適宜、転倒防止対策を行ってください。


下記「カートに入れる」ボタンよりお申込み下さい。お振込・カード分割でのお支払いをご希望の場合はお問合せフォームよりご連絡お願いいたします。別途ご案内のメールをお送りいたします。


コメント: 谷山


新型コロナウイルス感染対策について


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

ハイク品質と特性  生地張替  サポート  木材種類  コーディネートサービス  無断転載について

Cabinet
19G09-0131
W900 D270 H1593 配送料金Dランク+組立費用
Peter Hvidt & Orla Molgaard Nielsen / Soborg Mobler / Denmark / 1956 / Teak Wood
HOLD