VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

デンマーク人デザイナー、Ole Wansher(オーレ・ワンシャー)によるソファ。彼はデンマーク家具デザインの父と呼ばれる巨匠Kaare Klint(コーア・クリント)に師事。クリントの教えである”リデザイン”を継承し中国やエジプト、ギリシャなど各国の古典的な家具を自身の作品にも多く取り入れた。当時の新聞記事では作品について、”彼の椅子を所有した人は何百年もの間、毎日そこに座ることになるだろう。なぜなら素晴らしく丈夫だからだ。”と賞賛している。自身もクリントの後を担いデンマーク王立芸術アカデミーの主任教授を務め、これからのデンマークデザイン界の指導者としても活躍していた。

このソファは1951年に発表され、「Senator (上院議員)」と名付けられた。大切なお客様を招く応接室などを想定してデザインされている。製作するフランス&サン社は数々の著名デザイナーとタッグを組んだファクトリー。製品クオリティはもちろんの事、輸出する際の配送コストを考え積極的にノックダウン式を採用するなど機能的な家具を多く残している。後にカド社に社名が変わるが、残された刻印からこちらは初期のフランス&サン社製であることが分かる。

ローズウッド無垢材を使用したフレーミングは、骨太で安心感を感じながらも丁寧に表現された曲線がエレガントな印象も与えてくれる。特にアーム意匠が秀逸で、ひとたび手を這わせればしっとりとした木肌と適度な丸みがよく手に馴染む。 シートクッションにはウレタンフォームが内包され、適度な硬さを保持。座や背の角度も控えめなため、姿勢よく寛ぐことができ、立ったり座ったりの動作も容易。腰への負担も少なく腰痛持ちの方にもお勧めしたい。

リビングはもちろんのこと、オフィスの応接室やサロンの待合スペースにもお勧め。姿勢が崩れすぎることなくリラックスできるので、自宅以外のシチュエーションにも難なく対応してくれるだろう。また、後ろ姿も素敵で大胆に使用された背もたれの無垢材が存在感をいっそう高めている。そのため、ダイニングとリビングを仕切るようにレイアウトするのもいい。腰を下ろして両手をアームに落ち着けてみれば、ローズウッドから伝わる温もりが読書や映画鑑賞などの一時をより豊かなものにしてくれる。

クッション張地、ウレタンフォームは国内にて新規に交換済み。張地はスペインのファブリックメーカーLes Creations de la Maisonのコットン生地(¥17,600/1m)をセレクト。同社は上質なリネンやコットン、環境に配慮したリサイクル糸を得意としている。今回の生地はコットンを主材料とし、シェニール織で仕上げることで丈夫でサラッとした質感が生まれ、オールシーズン快適に使用できるだろう。


下記「カートに入れる」ボタンよりお申込み下さい。お振込・カード分割でのお支払いをご希望の場合はお問合せフォームよりご連絡ください。別途ご案内のメールをお送りいたします。


コメント: 萱野



2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。

ハイク品質と特性  生地張替  サポート  木材種類  コーディネートサービス  無断転載について

Sofa
23D07-0061
W1810 D750 H800 SH450 配送料金Eランク
Ole Wansher / France & Son / Denmark / 1951 / Rose wood
780,000円(税込858,000円)