VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

デンマークを代表する世界的デザイナー、ハンス・ウェグナー(Hans J. Wegner, 1914〜2007)によるGE290ソファ。

ウェグナーは17歳の若さで木工マイスターの資格を取得し、その後コペンハーゲンの美術工芸学校で家具デザインを学ぶ。そのため木への理解も深く、それを活かして生涯で500以上もの椅子をデザインした。これほど数多くの創作が実現したのは、ウェグナーが実際の製作を担う工房やメーカーの技術力を見極め、その特長に合わせたデザインを提案することができたからだ。

GE290ソファはウェグナーがデンマークのGETAMA社と手を組み生まれたモデル。発表は1953年と半世紀以上も前だが、ベストセラーとして世界中で愛され、今もなお作り続けられている。GETAMA社はもともとマットレスメーカーとしてスタートしたが、その技術を生かして家具製作にも進出し、ウェグナーと協働してソファやイージーチェアに数多くの名品を残した。

骨太構造のオークフレームは木目も力強く、木のぬくもりが安心感を与えてくれる。座の延長がそのまま後脚となる構造はウェグナーが得意としたデザインで、これにより座角(背と座の角度)が深くなり、高い安楽性が得られる。現行品のクッションはウレタンのみだが、これはヴィンテージならではのコイルスプリング入り。適度にテンションがあり、体をあずけると自然と余分な力が抜けていく。水平なアームは厚みがあり、安定感は抜群だ。腕をのせてリラックスしてもよし、読みかけの本をちょこっと置くもよし。長時間座っても疲れにくいため、読書や映画鑑賞にはまさにうってつけ。分割されたクッションは他の人が座っても干渉されづらく、たまにクッションをひっくり返せば張生地も長持ちしそうだ。

張生地とウレタンフォームは国内で新たに交換済み。ヴィンテージオークの色味が引き立つように、ファブリックにはインポートのチャコールグレーをセレクト。耐久性があり、落ち着きのある色合いなので末永く楽しめるだろう。


コメント: 大塚


新型コロナウイルス感染対策について


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

ハイク品質と特性  生地張替  サポート  木材種類  無断転載について

Sofa
19D06-0116
W1800 D820 H720 SH400 配送料金Eランク
Hans J Wegner / Getama / Denmark / 1953 / Oak wood
650,000円(税込715,000円)