VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

生涯で500脚以上の椅子をデザインしたと言われるハンス・ウェグナー。 事実、ヴィンテージとして我々の手元に届くウェグナー作品の大多数は椅子が占める。 椅子に比べれば圧倒的に数は少ないが、ウェグナーはキャビネットのデザインも行っている。 その数少ないキャビネットの製作を担っていたのが今は亡きデンマークの名工房RY Mobler。 今回ご紹介するこちらのキャビネットもRY Moblerにて製作されたもの。当時は、それぞれ幾つかのバリエーションから選べるシステムユニット式のシリーズとして発売され、その家に適した用途のキャビネットとして納められていた。 こちらはその2段ユニットの1つ。

上台は本棚とライティングビューローで構成されている。書籍やオブジェの収納に最適なフルオープン仕様の本棚には可動棚が1枚。セットされる棚板前部は、斜めに傾斜したデザインで実際の棚板厚よりも薄く見せる効果と、手前に本を抜き出す動作をスムーズに行えるよう考慮されている。

中段の鍵穴にキーを差し込み手前にフォールディングすると、大きな扉はデスク天板へ早変わり。天板は幅、奥行きもあり資料を広げてのPC作業や書き物をするのに十分な広さ。 書類、ダイレクトメール、文具などを収めておける棚やトレーが細かく設けられデスクランプも点灯しますから通常のデスクと同様にまたはそれ以上の使い勝手の良さ。

下段は、直線的でチーク材の木目を活かした両開き扉に、アクセサリーの様な真鍮ツマミが1つセットされるミニマムな意匠。ツマミを左に軽く動かせば解除、扉を閉めれば自動的にロックする仕様で使い勝手も素晴らしい。 内部はフルオープン仕様で可動棚が1枚セット。上段よりも奥行きがあるため収納物の幅も広い。

本体側板と脚は一体で、脚先には扉、引出と同様に汚れに強いチーク材を使用。下方にオープンスペースを確保する事で視界の抜けを良好にしつつ、本体に体を近づけた際に爪先が当たらない細やかな配慮がなんともウェグナーデザインらしい。

1台で多くの機能を持つ家具のため汎用性も高く、永きに渡りご愛用いただける事でしょう。


コメント:谷山


新型コロナウイルス感染対策について


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

ハイク品質と特性  生地張替  サポート  木材種類  無断転載について

Cabinet
19D06-0168
W1000 D510 H1810 配送料金Eランク + 組立
Hans J Wegner / RY Mobler / Denmark / 1950's / Teak & Oak Wood
SOLD OUT