VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

アルネ・ヴォッダーによるダイニングテーブル。かつてはフィン・ユールと共に家具を学び、よき友としても知られるデンマークを代表するデザイナーの1人。製作するシバスト・ファニチャーは創業こそ1943年とされるが、その前身があり歴史としては他の多くの工房を凌ぐ。当時代表を務めたヘルゲ・シバストは技術、デザイン、経営手腕にも優れ、その活躍はデンマークに留まらずヨーロッパ諸国からアメリカまで世界的に評価されている。

両側にバタフライ天板が下がり(取外し可)、大きなスペア天板も2枚付属している。セットすれば段階的に大きくすることができ、最大3m近くまで拡張可能。バタフライ天板は半円形状のため四角い部屋や家具との関係性に緩急がもたらされ、動線確保し易い点も機能的。さらにこの部分には幕板がない為アームチェアでもすっぽり入るのは嬉しいところ。

全てのスペア天板には幕板が備わり、連結した際も歯抜け状態になることなく一体感を感じられる。天板小口をよく見れば斜めに加工され、影を生みだすことで天板が薄く繊細に表現されている。その天板にはローズウッドが使用され、経年変化した様子は深みがあり貫禄すら漂う。脚はローズウッド無垢材。脚先を細めたテーパーレッグは繊細さをいっそう強調するよう。

脚部は着脱式の為、狭い間口への搬入も心配もございません。ライフスタイルの変化を受け易いテーブルだからこそ、フレキシブルに対応出来るロングライフな1台を選びたい。

次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、ウレタン交換、生地張替、木部のアフターケアもご対応します。


コメント: 谷山


新型コロナウイルス感染対策について


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

ハイク品質と特性  生地張替  サポート  木材種類  コーディネートサービス  無断転載について

Table
21D01-0027
W720+(バタフライ525x2)+(スペア560x2) D1060 H720
Arne Vodder / Sibast / Denmark / 1960's / Rose wood
SOLD OUT