VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

デンマーク人デザイナー、Kurt Ostervig(カート・ウストヴィ)によるライティングキャビネット。製造は同じくデンマークの家具メーカーで、Ostervigの作品を多く手掛けた K.P. Mobler社。

デンマーク第三の都市であるオーデンセに生まれ、始め造船技師として働いた後、家具デザイナーに転身した。デンマークにはバイキング時代から続く優れた造船技術があり、その技術を活かして家具製作が盛んになったと言われるが、彼のようにその歴史を一人で体現する経歴のデザイナーも珍しい。1947年に自身のデザインスタジオを開くと、デンマークを代表する家具メーカーのSibast社を始め、様々なメーカーから多くの家具を発表した。

Ostervigが好んで使用したオーク材は経年変化が進み、深みのある見事な表情を魅せる。 上段は、書籍やオブジェの収納に最適な3分割のオープンスペースに可動棚が3枚セット。 棚受は棚板内部に隠れるワイヤー式で見た目もスッキリ。ダボ穴の間隔も細かく、収納物に応じて高さを変えられ使い勝手が非常に良い。落ち着きのあるダークグレーの背板が印象的で、ディスプレイするものの輪郭をより引き立てる効果もあり、コレクションを沢山並べたくなってしまう。

中段の鍵穴にキーを差し込み手前にフォールディングすると、大きな扉はデスクの天板となる。ノートパソコンと資料を広げても十分なスペースで、左側には取り出し可能なトレイが3杯がセット、トレイのレイアウトは自由に組み換える事が出来、文具など細かな物の収納に最適。右側は幅広のオープンスペースで可動棚が1枚セット、高さのある書籍や写真集を並べておける。

本体下段のスライド扉、内部には可動棚が1枚のオープンスペース。幅、奥行き共に申し分なく沢山の日用品を収納しておく事が出来る。シンプルな取手は手掛も良く、開閉もスムーズ。高さを抑えた脚部は台輪式で、低重心かつ安定感のある佇まい。

この1台で、デスク、キャビネットと省スペースで2役を兼ね備える為、1人暮らしの方はもちろん、リビング、書斎に置いて家族の共有家具としての使用もお勧め。

上段(中段)と下段は分割式で背面の固定金具で連結する仕様の為、狭い間口でも搬入の心配ありません。

次世代へ接続可能な家具として蘇らせました。
フルサンディング(研磨)によって劣化した塗装シミ、傷、汚れを除去し、その後、耐水、耐退色効果のある特殊な素材を浸透・硬化させ、トップコンディションの状態である「ハイク・クオリティ」まで仕上げを施しました。ご購入後、木部のアフターケアもご対応します。


コメント:谷山


新型コロナウイルス感染対策について


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

ハイク品質と特性  生地張替  サポート  木材種類  コーディネートサービス  無断転載について

Writing Cabinet
20D06-0049
W1170 D460 H1850 配送料金 Eランク+組立
Kurt Ostervig / K.P. Mobler / Denmark / 1960's / Oak wood
300,000円(税込330,000円)