VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

世界を代表するデンマーク人デザイナー、ハンス・ウェグナーによるイージーチェア。

自らマイスター(職人)としての技術を持ち、木への理解も深いウェグナーは生涯500以上ものチェアーをデザインした。それらを実現できたのは、良いメーカー、職人と出会えた事が大きい。 事実、ウェグナーは製作する上で良いデザイナーになるためには良い職人と共同作業をする事が大切だと公言していた。こちらのGE290イージーチェアは、デンマークのマットレスメーカーGETAMA社と手を組み今から66年前の1953年に発表され、現在もなお作り続けられるベストセラーとして世界中で愛されている。

使用される木材は、オーク材に含まれるタンニンに働きかけ色を深くし仕上げられたスモークドオーク。オーク材の力強い木目を持ちながら、チークやローズウッドの家具とも相性の良い材料としてとても重宝された。 その骨太構造のフレームは、木の温もりと安心感を与えてくれ、深い座角によって心身ともに体を授けることができる。ヴィンテージならではのコイルスプリング入りのクッション(現行品はウレタンのみ)は適度にテンションがあり、自然とカラダの余計なチカラが解放されてゆく。厚みある水平アームに腕をのせれば座りの安定感はさらに高まり、立ち上がりの際もつかみ易くすっと体を起こす事ができると同時に、読みかけの本を置くスペースとなり読書や映画鑑賞など長時間の着座に最適。デザイン性と機能性の両面を持ち合わせた至極のパーソナルチェアと言えるでしょう。

クッション張地、ウレタンフォームは国内にて新規に交換済み。張地は今年で創業68年になるデンマークの老舗生地メーカーDANISH ART WEAVING社社の「Nice(ニース)」を選択。創業当時のラインナップをいまでも大切にする同社は、一貫した管理の中で行われる紡ぎ、染色、織りから生まれる高品質な生地を提供。そんな50年代の雰囲気をまとったクッションと経年変化したスモークドオークフレームは旧知の仲とも形容できるほどに上手に馴染んでいる。

ウールとリネンの混合生地でさらりとした質感がとても気持ちがよい。 良質な天然素材を使用したDANISH ART WEAVINGの生地は、風合いの変化を感じながら末永くご愛用いただけます。


コメント: 谷山


新型コロナウイルス感染対策について


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求しています。末長くご使用いただくことを考慮し、下記メンテナンスを施しております。ご購入前に一読していただけますと幸いです。

ハイク品質と特性  生地張替  サポート  木材種類  コーディネートサービス  無断転載について

Easy Chair
21D01-0144
W750 D820 H720 SH400 配送料金Cランク
Hans J Wegner / Getama / Denmark / 1953 / Smokedoak wood
SOLD OUT