VINTAGESelect Mid Century Modern Furniture

椅子の巨匠ハンス・ウェグナーがデザインを手がけたGE290。彼の名をこのソファで知ったという方も多いのではないだろうか。ミッドセンチュリー期の北欧家具において名作のひとつに挙げられる1台だ。

GE290が発表されたのは今から60年以上前の1953年。ウェグナーがデザイナーとして存在感が強くなってきた39歳のとき、デンマークのマットレスメーカーでGETAMA社と協力して製作された。素晴らしき意匠と座り心地の良さから、世界中で愛され現在もなお作り続けられるベストセラー作品である。現行はクッション内部構造がウレタンフォームのみであるが、ヴィンテージはスプリングとウレタンのため、クッションの耐久性が優れている点も魅力だ。

そして、GE290の特徴として座枠がそのまま後脚となる構造に注目していただきたい。本来座枠と脚は別々の部材となるべきところ、ひとつの部材とすることで木材を節約し、製造工程もシンプルになる画期的な発想である。ウェグナーの他作品にもこの構成をみることが出来ることから、GE290の成功で自信を得たのだろう。また、骨太構造のフレームの中で大胆な幅広の肘掛けがシンボリック。年々入手が困難になっている良質なオークが深く色づいた姿は、長い年月を経たものだけが持つ存在感を漂わせている。手を添わせてみれば温もりが豊かに伝わってくるので、体の内から整えてくれるような感覚だ。立ち上がる動作でも肘掛けのグリップ感がいいのでスムーズに起きあがれる印象。

座面は深めに角度がセッティングされている。そのおかげで上半身は自然と背もたれへ導かれるので、体の力を開放してソファに身を委ねてリラックスできる。抑えられたシート高によって足裏は確実に床に接することができ、膝裏への圧迫も少ない。ヴィンテージならではのスプリング入りのクッションは適度なテンションを持ち、読書や映画鑑賞など長時間の着座に最適。全高は低く、視線の抜けも良好でバックショットも大変美しいので、ダイニングとリビングを仕切るように部屋の中央で贅沢にレイアウトするのも素敵だろう。分割されたクッションは他の人が横に座っても影響が伝わってきにくいのもいい。

ファブリックはインポートの上質なアイボリー生地を使い、国内にて新規に交換済み。わずかに起毛し滑らかな質感の生地ですので、いつまでも触れていたくなる心地良さです。中材のウレタンも交換済みのため、安心して末長くお使いいただけます。たまにはクッションをひっくり返したり、位置を入れ変えることでファブリックやウレタンが長持ちするでしょう。


コメント:萱野


新型コロナウイルス感染対策について


2000年のオープン以来、「物質の循環」「自然との共生」をメインテーマに、ヴィンテージ家具の永続的使用を追求し続けています。末長くお使いいただけますよう自社プロスタッフが可能な限りのメンテナンスを施しました。ご検討、ご購入前に下記を一読していただけますようお願いします。

ハイク品質と特性  生地張替  サポート  木材種類  コーディネートサービス  無断転載について

Sofa
20D06-0190
W1810 D820 H760 SH410 配送料金Eランク
Hans J Wegner / Getama / Denmark / 1953 / Oak wood
680,000円(税込748,000円)